窓のようになじむ壁掛けスタイルを実現

写真拡大

ソニーは、4K液晶テレビ「BRAVIA(ブラビア) X9000Cシリーズ」2機種、65V型「KJ-65X9000C」、55V型「KJ-55X9000C」を2015年10月24日に発売する。

4Kチューナー内蔵、高画質プロセッサー「X1」で4Kコンテンツをより美しく

いずれも新素材の採用や独自技術による薄型かつ狭額縁の「フラッシュサーフェスデザイン」を採用。同社によれば世界最薄(民生用液晶テレビとして、9月7日現在)だという厚さ約4.9ミリのスリムデザインを実現、高画質とデザイン性を両立した。同梱の壁掛けユニットを使用し、壁から本体前面まで約40ミリに抑えた設置が可能だ。

4Kチューナーを内蔵し、4K放送・配信に対応。4K高画質プロセッサー「X1」により、多様なレベルの4Kコンテンツをより美しく楽しめる。放送やネット動画などの圧縮音源をCD以上の音質にアップスケーリングする独自の「DSEE」を搭載し、4K映像に見合う臨場感あるサウンド再生を実現した。

「Android TV」機能を備え、コンテンツサービスのアクセスや音声検索、スマートフォンなどのモバイル機器と連携を強化し、使いやすさを向上させている。

市場想定価格は、「KJ-65X9000C」が55万円前後、「KJ-55X9000C」が35万円前後(いずれも税別)。