1

写真拡大 (全4枚)

どんなもんじゃーーーい!シャーコラーーー!!

ひとつの時代の終わりを感じます。10月17日、僕らが愛し、憎み、翻弄された亀田ボクシングコントが千秋楽を迎えました。約10年に渡るロングラン。正直、楽しかった。「ボクシング+お笑い」という革新的なニュースタイル。ときにフライパンを曲げ、ときに弟がカラオケを披露し、ときにオヤジがやくみつると生喧嘩をする。その出し物は僕の心を深く深くとらえました。

ボクサーとしての評価はわかれるところがあります。飛び級を含む三階級制覇、WBA世界バンタム級を8度防衛という実績は、日本ボクシング史上においてもトップクラスの戦績です。付け加えれば弟も含めて兄弟3人での世界王者という奇跡的偉業。本来なら「ボクシング」部分だけでもレジェンドとしての扱いを受けるにふさわしい実績があります。だが、実際には亀田ボクシングコントは「黒歴史」として、闇に葬られています。

「弱い相手を選んで戦っている」
「ローブローなどの反則が多い」
「ジャッジ買収疑惑」
「ヒジでええから目に入れろ、などの問題発言」
「数々の不遜な態度」
「オヤジの人間性」
「やくみつる」
「次男の道交法違反」
「T-BOLANの歌」
「三男の髪型」
「やくみつる」

彼らのコントをいかがわしいキワモノであるとする多くの非難。やくみつると何かが敵対したとき、やくみつるの側に支持が集まるという、ちょっと想像ができないような異常事態が彼らを襲いました。それほどに彼らは嫌われていた。誰も証明できず、何の証拠も証言もない買収疑惑などを持ち出され、すべての試合がインチキの烙印を押された。彼らは「好かれれば何でもOKだが、嫌われたら何もかもがNGになる」というインターネット時代の両極端を両方体験した、時代の先駆けだったのかもしれません。

最後の試合、彼らは日本ではライセンスもなく試合を行なえないことから、アメリカでの戦いを余儀なくされていました。長く複雑な経緯があり、紆余曲折の末にJBCからつまはじきにされたのです。そして「亀田ならつまはじきにされても仕方ない」と業界やメディアもそれを追認した。面倒事には関わりたくないと、つまはじきにされる彼らから皆が目を逸らしました。

直接のキッカケとなった亀2号の「負けたけどIBF王座を保持」という問題も、難癖のような話でした。対戦相手は体重超過で失格となっており、その場合のIBFルールでは「挑戦者が失格なので王者が負けても王座は保持」と明記されており、ただただ中継での煽りや事前の確認のほうが勝手に「負けたら陥落」とカンチガイしていただけなのですから。

しかし、いつの間にか彼らだけが悪者となり、そのせいでジムのライセンスは更新できなくなり、彼らのボクサーとしての活動が不可能になりました。ボクシングコントなのにボクシングができないって、それじゃ純粋コントじゃないですか!キングオブコントじゃないですか!

勝っても負けても何をしても文句を言われる中、それでも最後まで芸風を乱さず興行をつづけたこと。僕は彼らを立派だと思います。超一流のボクサーではなかったかもしれないけれど、超一流のエンターテナーではあった。全盛期のテレビ中継視聴率43.1%。サッカーワールドカップレベルのエンターテインメントを体現した稀代の名優は、これからボクシングの看板を降ろし、大阪名物ポコポコヘッドみたいな出し物を演じます。

今後はライセンスなどに縛られず、存分にそのコントを楽しんでもらいたいもの。プロボクシングという枷を外してしまえば、グローブをはめた本気の兄弟喧嘩をリング形状のステージで演じること自体は誰が止められるものでもありません。楽しんで生きていってほしい。10年間、お疲れ様でした。

ということで、ボクシングコントという唯一無二の芸で一世を風靡した亀田興毅さんの引退興行について、17日のテレビ東京中継による「WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ 河野公平VS亀田興毅戦」からチェックしていきましょう。

◆ピンポン玉を避け、丸太をかつぎ、畳を殴りつづけた男の花道!

この興行の前段、亀1号は10年前から何も変わらないエンタメ精神を発揮していました。コント開催を発表する王者側の会見に亀1号は普段かけない舞台用サングラス姿で乱入。「しっかりベルト磨いといたほうがいい」「今のボクシングじゃ俺には勝たれへん!」「俺は天災、生まれながらの天災!」などと王者にニヤケ系挑発を繰り出したのです。

僕も久々に「サングラス似合ってへんで!」「照れくさいこと言うとき、色眼鏡ないと目が泳ぐからしゃーないけどな!」「ベルト磨いても関係ないやん!」「だって、ベルトは王者が記念に買う仕組みなんやから!」「天災って言うか人災や!」などと心地よいヤジを飛ばしたもの。あぁコレだ。コレがボクシングコントだ。懐かしいような、照れくさいようなそんな気持ち。

↓事前に「行きますよ」の打合せをしたうえで、乱入の体で「河野選手は仕上がってない」などと挑発する亀1号!


亀1号:「(河野は)まだまだ仕上がってない!」
亀1号:「俺はもう仕上がってる!」
亀1号:「河野選手は仕上がってない!」
亀1号:「仕上がってない!」

「仕上がってない」の連呼すげぇ面白いなwwww

浅草演芸ホールで見る師匠の定番ネタみたいな感じwwww

↓計量ではCM出演中のスニッカーズを王者にプレゼントするというスポンサーへの配慮パフォーマンスも見せる!

気が利くやん!

どうせ計量終わったらメシ食うんだし、ちょうどいい!

亀田興毅伝説!!〜浪速乃闘拳 世界への軌跡・第一章〜 [ 亀田興毅 ]

価格:4,633円
(2015/10/18 05:19時点)
感想(2件)



「亀田とKOはセットや」という相変わらずのキャッチフレーズも、全戦績の半分程度しかKOしていないという状況を鑑みれば、普通なら引っ込めるところ。しかし、彼らは客商売をわかっている。KOする気のないコントなど、ボクシングコントではない。ドーンとやってガーンと倒す。時代劇でバッサバサと人が死ぬように、ボクシングコントでは人が倒れる。できるかどうかは共演者次第でもありますが、少なくともやる気はある。「勝てばどんな内容でもいい」などとは微塵も思っていない。

そして迎えたこの千秋楽。万感の想いを胸に、1号はステージに向かいます。その傍らには日本ではボクシングコントに関わることができない父・史郎さんの姿もあります。日本から完全につまはじきにされたことで、息子の千秋楽に立ち会うことができたのは、ある意味で幸せなことだったかもしれません。

現地には熱心なファンが駆けつけ亀田コールをあげ、「どんなもんじゃーい」と絶叫。どうやらポパイの歌に合わせて「かめーだこーき、かめだこーき、かめだこーき、かめだこーき、かめだこーき、どーんなもんじゃい!(パンパンパパパン)、どーんなもんじゃい!(パンパンパパパン)」というチャントがある模様。リングサイドから飛ぶオヤジの指示と合わせて、やかましいほどに亀田ボクシングコントです。

1R、積極的に出る王者。亀1号はいつものように両手を高く上げたガードの姿勢。「コントは安全第一」の標語通り、最後の試合も手堅い入りです。様子見の中で、ときおり刺さる王者の左。亀1号も遠目から回す右のフック、上下に打ち分ける左のボディなどで応戦。ジャッジフモフモは御通し的なサービス精神で10-9亀田のラウンドです。

2R、左のボディで攻める亀1号と、ボディが刺さってムッときたか猛然と出る王者。両者の小さいところでの意地の張り合いは勝負の大きな分岐点となります。残り1分2秒で放った亀1号のボディは王者の肝臓あたりに突き刺さります。思わずヒジで打たれた箇所を塞ぐ王者。効いている、明らかに効いている。「コントだけどマジで殴るんすね!」という王者の驚き。

王者は亀1号の腕を抱え込み、ハッキリと防御態勢。オヤジの「腹効いた!」という声がステージにも響きます。そして、畳みかけていく亀1号。王者がコーナー付近で片ヒザをつくと、亀1号は「オチた!」という会心のガッツポーズ。ところが、直前にレフェリーから「ストップ」の声が掛かっていました。どうやら、ボディが低すぎてローブローを取られた模様。そこで気落ちでもしたか、亀1号は試合再開直後にアッサリと尻もちをつきます。

↓何でもないようなパンチ一発でオチた!相変わらずの打たれ弱さ!



いやー、ダウンさせたと思った直後にダウンかぁ!

仕方ない、ジャッジフモフモは8-9で王者のラウンドだ!

3R、立ち上がりのボディが度重なるローブローと見なされ、1ポイントの減点を受ける亀1号。さらに亀1号が王者に対して「頭突きしすぎや!」と文句をつけると、レフェリーからは「シャラップ!」の声。2ちゃんねるでも読み込んできたかと思うほどの嫌われようで、直後には再びのローブローで追加の減点1。ローブローで失ったダウンと減点の都合4点。日本でやる自分たち仕切りのコントなら絶対になかった判定で、挽回が難しい大差が生まれます。ジャッジフモフモ、減点2を加えて8-9王者のラウンドです。

落ち着いて見ていると、「このレフェリーがステージ上で一番強いんじゃないか?」「ガタイもデカイし」「声もデカイ」と妙なことに気付いたりもする4R。ボディ=減点となることから、亀陣営はボディを捨ててアッパーを打つ作戦に切り替えます。翼をもがれたエンジェルのように、頼りのボディを奪われた亀1号。あとは頭突きくらいしかないか。苦しいラウンドにジャッジフモフモも苦渋の9-10王者のラウンドです。

5R、距離を詰めた接近戦に臨む両者。亀1号のパンチも思ったより当たり、ボクシングだけでも十分にプロレベルのチカラがあることを見せつけます。中盤には追いかけるのがしんどくなったか、両手を広げて「かかってこい!」というポーズも見せます。内藤大助を倒した左のノーモーションパンチで顔面をとらえるシーンも。大して効きはしませんでしたが、ボクシングっぽい!ジャッジフモフモ大興奮で10-9亀田のラウンドです!

6R、攻勢を見せる王者。激しい連打を顔面で巧みにブロックする亀1号。残り1分2秒の段階では、王者のパンチがちょうど亀頭部分にヒットし、亀1号は「ローブローでっせ!」とジェスチャーでアピール。しかし、レフェリーは「カモン!カモン!」と続行を指示。亀1号がレフェリーを「頼むでダンナ…」と見ている間に、王者のパンチで殴られてしまうなどのオッチコチョイ笑いも。最後はゴング後にお土産の一発を贈りあう工程で、空振りした王者が「オイ!亀のパンチがゴング後に当たったぞ!」と激高!

↓すがるような目でレフェリーを見る亀1号が切ない!(1分20秒から)


こんなん自分たちの仕切りなら許されへんで!

ジャッジフモフモ、自主的に王者を減点して9-9の採点!

7R、特に何もない場面でコントを止めたレフェリー。クリーンに戦え、もう一回やったらコントは終わりだぞ、と厳しい言葉が飛びます。どうやらガチで頭突きを喰らわせていることに対する注意である模様。偏向判定、金的、頭突き……翼どころかトサカまで奪われた亀1号。もはやエルボーくらいしかやれることは残っていません。あとはローキックとかも有効だと思いますが、今日のジャッジは見過ごしてくれそうにありません。パンチを打つしかないのか!?パンチを打つしかできることはないのか!?追い詰められた亀1号に、ジャッジフモフモ無念の9-10採点。

リングサイド席の外人が退屈そうに談笑する8R、王者は相手が何もしてこないと悟ったか攻勢の構え。亀1号もボディで応戦し、何かココにきてボクシング感満載のコント。王者のいいパンチで亀1号がグラッとする場面もありますが、ラウンド終了後には何故か亀1号がガッツポーズ!ジャッジフモフモもニッコリ9-10採点だ!

↓幕間のCMでは親子共演となったスニッカーズのCMも流れたぞ!


業界からの餞別みたいなもんかな!

出演料で美味いモンでも食ってください!

オヤジからの「(王者は)逃げようとしてるから!いけ!」という指示が飛ぶ9R、「せやろか?」という世間の疑問の声を振り切るように亀1号は出ます。すると、序盤からたびたび見られた、王者が亀1号の頭を抱え込む動きに対して1点の減点が課されます。さらに残り1分43秒には亀1号の左フックで王者が大きくグラつく場面も!TBS中継ならアナウンサーが絶叫する大チャンス!ジャッジフモフモも大興奮で10-8亀田のラウンド!

↓当たる、当たるぞ!世界王者にパンチが当たるぞ!


どんなもんじゃーい!!

なんじゃもんじゃーい!!

【中古】亀田興毅 天下無双―その軌跡と生き様/原功

価格:157円
(2015/10/18 05:19時点)
感想(0件)



亀1号の顔面の腫れが目立ってきた10R、もう一回ダメ元でローブローのアピールなどをしてみますが、レフェリーはガン無視。ちょっと亀1号には疲れが見え始め、移動時の足取りがフラフラした感じになってきます。頑張れ亀1号!負けろ亀1号!最後まで諦めるな亀1号!ジャッジフモフモ、終盤にきて痛恨の9-10採点!

「あとは気持ちだけやね」と亀2号が語彙の少なさを披露した11R、王者のパンチをブロックしてきた鉄のツラの皮にも黒い内出血が目立ちます。そこを襲ったクリーンヒット。グラッと大きく後退すると防戦一方となる亀1号。しかし、ラウンド終盤には「魂の打ち合い」を見せる場面も。ジャッジフモフモからの惜別の9-10採点を受け、いよいよ千秋楽ラウンドへ!

王者サイドが「3ポイントリードしている」と踏んで始まった12R、倒されなければ勝ちという状況ではありますが、最後まで王者は攻めます。「このムカつく兄ちゃんを倒してみたい」という気持ちがこもったパンチです。だが亀1号は屈しない。亀田ファミリーは屈しない。この土壇場にきて、「倒されなければ俺の勝ち、が俺のルール」「亀田仕切りなら勝ってる、俺はそう思ってる」「亀田は絶対にKOされへんでぇ!」という馬鹿力も出てきます。ジャッジフモフモが最後の1行に「13-10」と書き込んで、亀田ボクシングコントは無事(※安全の意)に千秋楽を迎えました!ありがとうございました!

↓中継したPBCでも「an epic show」と絶賛されたファイナルコントは、王者・河野の勝利で幕!


ジャッジ1⇒115-109で河野
ジャッジ2⇒116-108で河野
ジャッジ3⇒113-111で河野

判定0-3で亀1号敗れる!

ちなみにジャッジフモフモの採点は、114-113で亀田!

くっそー、これが亀田仕切りならやはり勝っとったでぇ!

ジャッジ1は亀1号が4ラウンドとったと採点し、ジャッジ2は亀1号が3ラウンドとったと採点し、ジャッジ3は亀1号が6ラウンドとったと採点していた模様。ジャッジ3は実質ドロー採点と言える内容です。やはり、2Rのローブロー判定が痛かった。もしアレがローブローでなく亀1号のダウン奪取で、その気落ちによるアッサリ尻もちがなければ、このコントはまったくオチがわからないものになっていたでしょう。

中継したテレビ局は「亀田退治だ!」という、まるでゴキブリとかスズメバチでも駆除したみたいな字幕で、この勝利を伝えました。これが彼らのコントが背負った宿命だったのかもしれません。ずっと倒されることを待っていた。倒されて終わることだけが宿命だった。映画『エイリアン』シリーズが最終的にエイリアンが殺されて終わるように、最初からこのラストは決まっていたことなのです。

彼らによって日本のボクシングは大きく前進しました。「何だ、世界チャンピョンって大したことないんだな」「弱いヤツを選んで戦うこともできるんですね」「3階級制覇とか意味ないんだな」「4団体もあって、さらに休養王者とか暫定王者とかスーパー王者とかあるんだ」という世間の気付き。「また亀田的な?」という厳しい視線が、日本の純ボクサーたちを成長させました。「実績十分の強い相手に勝たない限り、俺たちはいつまでもアヤしい目で見られる」という一歩高い意識へと。それは亀田ボクシングコントがもたらした、ボクシング界への大きな貢献だったと思います。

僕はステージを去る稀代のエンターテナーに、惜別の想いをこめて汽笛を鳴らします。ありがとう亀田ボクシングコント。さようならボクシングコント。いつまでもいつまでも僕たちはこの笑いを忘れないよ。ホンワカッパーホンワカパッパーホンワカホンワカパー、ホンワカッパーホンワカパッパーホンワカホンワカパー、ホンワカッパーホンワカパッパーホンワカホンワカパー……。

↓今後はこんな感じで純コント興行をガンガンうっていってくださいね!
<亀田祭りリターンズpresented by TBS 2016年5月5日開催想定>

●第1コント
ピンポン玉1000発避けれるまで始まりま1000
※オヤジが投げるピンポン玉を1号がひたすら避ける伝統芸

●第2コント
世界KMDバンタム級タイトルマッチ 亀2号VS亀3号 
※勝者はタイトルを即返上

●第3コント
世界KMDバンタム級王座決定戦 亀1号VS第2コントの敗者 
※勝者はタイトルを即返上

●第4コント
世界KMDバンタム級タイトルマッチ 第3コントの勝者VS第2コントの勝者 
※勝者はタイトルを即返上

●第5コント
世界KMDバンタム級王座決定戦 第4コントの不参加者VS第3コントの敗者

●第6コント
スペシャルマッチ 元プロボクサー内藤大助さんVS亀1号&2号
※1対2のスペシャルハンディキャップマッチ。執行猶予中のメンバーも含めたC-C-B生演奏による『Romanticが止まらない』披露

●第7コント
ハーフタイムショー 亀2号が唄うオリジナルソング「みんなへ」
※今作った唄じゃなく全盛期に作った唄。使用するマイクは明石家さんまさんから贈られた黄金マイク

●第8コント
クイズミリオネア オヤジVSやくみつる
※やくみつるがクイズを作り、オヤジに全問正解させることができたらやくに1000万円をあげるという出し物

●第9コント
スペシャル6人タッグ 亀1号&2号&3号VS亀田誠治(音楽プロデューサー)&亀田京子(知らないタレント)&亀田大吉(2号のそっくりさん)
※「芸能界に亀田は5人も6人もいらない」をコンセプトに生き残りを懸けた戦い。最後は亀田誠治さんが勝利してホンワカムード

●第10コント
インターバルエキシビションマッチ 亀1号VSロウソク
※火の点いたロウソクを拳圧で消すという伝統芸。全盛期に出演した「はなまるマーケット」ではパンチ8発を繰り出した末に亀1号が勝利

●第11コント セミファイナル
世界前哨戦 第5コント不参加者VSタイ人
※ここからグンと調子をあげていく一戦。派手なKO決着

●第12コント メインエベント
世界KMDバンタム級タイトルマッチ 第5コントの勝者VS第5コントの不参加者
※王者の防衛もしくは新チャンピョンの誕生を祝い、お客様全員で「しゃーこらー」をご唱和ください

だいぶん仕上がってきた!#亀田興毅 #仕上がってる

亀田興毅さん(@kokikameda)が投稿した写真 -



この企画は僕からの餞別だと思ってください!

実現可能な範囲で頑張って考えたつもりです!

みなさまのそこそこのご発展とそこそこのご活躍を今後もお祈りしております!

【中古】 エグいほど強いで!! /亀田興毅(著者) 【中古】afb

価格:108円
(2015/10/18 05:20時点)
感想(0件)



三軒茶屋に亀田家のフィットネスジムがあるぞ!気になる人は三茶へ!