レーティング:ワトフォード 0-3 アーセナル《プレミアリーグ》

写真拡大

▽アーセナルは17日、プレミアリーグ第9節でワトフォードとのアウェイゲームに臨み、3-0で快勝した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽ワトフォード採点

GK

1 ゴメス 5.0

好守なく3失点

DF

2 ニオム 5.0

後半に入り、淡白な対応が散見

5 プレードル 5.0

キャスカートとともに失点後あたりから浮き足立った守備が散見

15 キャスカート 5.0

失点後は集中を欠いた

16 アケ 5.5

通れば失点ものというピンチを身体を投げ出したディフェンスで阻止

MF

21 アニャ 5.5

アップダウンを繰り返し攻守両面で一定の存在感

29 キャプー 6.0

広範囲をプレーエリアに攻守両面でファイトした

23 ベン・ワトソン 5.5

前半は中盤で黒子に徹したが、失点後あたりから足が止まり始めた

22 アブディ 5.5

総体的には球際で戦った

FW

24 イグハロ 5.5

前半は前線でしっかりと起点となったが、後半からやや足が止まった

9 ディーニー 6.0

プレーに荒さも目立ったが、ボールに絡めば攻め手となった

監督

キケ・フローレス 5.0

前半にゴールを奪えなかったことが悔やまれる

▽アーセナル採点

GK

33 チェフ 5.5

ハンドを取られてもおかしくない場面もあったが、2試合連続のクリーンシート達成に貢献

DF

24 ベジェリン 6.0

得意のスピードを生かした上がりで攻撃に関与。ラムジーのゴールをお膳立て

4 メルテザッカー 5.5

スピード勝負に持ち込まれると脆さも、競り合いで強さを見せた

6 コシエルニー 5.5

復帰戦。幾度かミスからピンチを招いたが、好カバーリングでらしさを見せる場面も

18 モンレアル 5.5

後半に入り、攻撃陣のサポート意識を高めた

MF

16 ラムジー 6.0

今季初ゴール。神出鬼没な動きで変化をつけ、チーム3点目を記録

34 コクラン 5.5

試合が進むにつれて中盤の底でタイトな対応

11 エジル 6.0

消える時間帯が長かったが、終わってみれば2アシスト

19 カソルラ 6.0

意外性のあるパスでサンチェス弾の起点に

17 サンチェス 6.0

リーグ3戦連発。流れを一変させた

FW

14 ウォルコット 5.5

動きは悪くなかったが、ゴール前のスペースを見つけるのにひと苦労していた印象

(→ジルー 6.0)

途中出場ながらゴールという結果を残す

監督

ヴェンゲル 6.5

序盤は勢いに乗り切れない展開が続いたが、終わってみれば2試合連続3-0のシャットアウト勝ち。3連勝で2位の座をしっかりとキープした。

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

サンチェス(アーセナル)

▽直近の公式戦4試合で7発。2アシストのエジルや神出鬼没な動きで変化をもたらし続けたラムジー、正確なボール捌きを披露したカソルラもMOMも相応しいが、今回は“流れを変えた一発”を決めたチリ人ストライカーを選出。

ワトフォード 0-3 アーセナル

【アーセナル】

サンチェス(後17)

ジルー(後23)

ラムジー(後29)