サンチェス3戦連発のアーセナルが3連勝《プレミアリーグ》

写真拡大

▽アーセナルは17日、プレミアリーグ第9節でワトフォードとのアウェイゲームに臨み、3-0で快勝した。

▽代表ウィーク前最後のリーグ戦でユナイテッド相手に快勝劇(3-0)を演じたアーセナル(勝ち点16)は、その一戦から先発を1人変更。ヴェンゲル監督は、ハムストリングの負傷により離脱していたコシエルニーをガブリエウの代わりに先発起用し、現状のほぼベストメンバーを送り出した。

▽開始から志向するポゼッションサッカーでらしい入りを見せたアーセナルだが、対するワトフォードもボールを奪えば少数精鋭で決定機をつくり出していく。そんな中、4分にラムジーの浮き球パスからウォルコットのヘッ ドでゴールに迫ったアーセナルは10分にも決定機。サンチェスが左サイドからカットインして強烈なミドルシュートを放ったが、GKゴメスに阻まれる。

▽するとワトフォードは11分、ディーニーがコクランからボールを奪ってボックス手前から強烈なミドルシュートでアーセナルのゴールマウスを強襲。GKチェフに防がれたものの、その後もワトフォードが応戦すると、19分にもディーニーを起点とした攻撃で決定機を演出。最終ラインの裏でボールを受けたディーニーがゴール前にクロスを入れたが、懸命なカバーリングを見せたコシエルニーに阻まれた。

▽立ち上がりから勢いに乗り切れないアーセナルは29分、サンチェスからのクロスをラムジーがゴールを狙うがこれは枠外。すると31分にはまたしてもワトフォードにカウンタ―を許すが、イグアロのシュート精度に助けられて失点のピンチを免れ、ゴールレスのまま前半を終えた。

▽重苦しい展開のまま後半を迎えたアーセナルは、前半と同様にポゼッションで相手を圧倒。サンチェスやラムジーを中心とした攻めを続けると、62分に均衡を破る。カソルラとのワンツーでボックス内に侵攻したエジルがボックス内で倒されたが、主審はプレーオンを宣告。この一瞬の隙を突いたサンチェスがルーズボールを蹴り込み、アーセナルが先取した。

▽先制直後、アーセナルはウォルコットを下げてジルーを投入。すると68分、右サイドでラムジーからパスを受けたエジルの折り返しから、ジルーがこれをゴールに決めて加点。これで完全に勢いづくと、74分にはベジェリンが右サイドからドリブルを仕掛け、ボックス内に侵攻。ベジェリンがDFを引き付けて中央にクロスを入れると、最後はラムジーがネットを揺らした。

▽リードを3点に広げたアーセナルはエジルとサンチェスを下げ、そのまま3-0で試合終了。2戦連続で3-0のシャットアウト勝ちを収めたアーセナルがリーグ戦3連勝を飾り、首位マンチェスター・シティ(勝ち点21)の追走に成功している。