ヴァーディ【写真:Getty Images】

写真拡大

【サウサンプトン 2-2 レスター・シティ プレミアリーグ第9節】

 イングランド・プレミアリーグ第9節が17日に行われ、吉田麻也の所属するサウサンプトンと岡崎慎司の所属するレスター・シティが対戦した。吉田はベンチスタートとなったが、岡崎はスタメン出場を果たした。

 レスターは5分、右からのクロスにファーサイドでヴァーディが飛び込むも、シュートはクロスバーの上を越えた。7分にはゴール前でボールが浮遊するも、岡崎に渡る前にGKがキャッチした。

 対するサウサンプトンは11分、CKからファン・ダイクが頭で合わせるも、ドリンクウォーターにライン上でブロックされる。

 それでも、先制したのはホームチームだ。21分、CKからフォンテが頭で合わせてサウサンプトンがリードを奪った。レスターはこの前にもCKから合わせられていた。

 サウサンプトンは36分にも、マネがシュートを放つ。GKに阻まれたが、これで得たCKから最後はファン・ダイクが詰めて2-0とした。

 後半、岡崎はシュラップと交代でベンチへ退いた。これで今節での日本人ダービーの実現はなくなった。その後60分、サウサンプトンは吉田麻也を投入する。

 レスターは66分、右からのクロスにヴァーディが頭で叩き込み1点を返した。そしてアディショナルタイム、再びヴァーディが決めて同点に追いつく。ヴァーディは6試合連続9ゴール目となった。

 試合はこのまま2-2の痛み分けとなった。

【得点者】
21分 1-0 フォンテ(サウサンプトン)
37分 2-0 ファン・ダイク(サウサンプトン)
66分 2-1 ヴァーディ(レスター)
90分 2-2 ヴァーディ(レスター)

text by 編集部