レーティング:エバートン 0-3 マンチェスター・ユナイテッド《プレミアリーグ》

写真拡大

▽マンチェスター・ユナイテッドは17日、プレミアリーグ第9節でエバートンとのアウェイ戦に臨み、3-0で勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽エバートン採点

GK

24 ハワード 5.5

古巣対戦。3失点も、好守もあった

DF

23 コールマン 5.0

第5節以来の負傷明け。本調子には遠い出来でマルシャルに完敗

5 ストーンズ 5.5

同じく負傷からの復帰戦。可もなく不可もないパフォーマンス

6 ジャギエルカ 5.0

自身の縦パスをカットされて3失点目の原因となる

32 ガロウェイ 5.5

売り出し中の19歳。失点場面に絡むも、好対応もあった

MF

12 レノン 5.5

ルカクの決定機を演出するなど、まずまずの出来

(→デウロフェウ -)

16 マッカーシー 5.0

良い時のインテンシティの高さがなかった

20 バークリー 5.5

仕掛けのプレーやパスで攻撃陣をけん引した

18 バリー 5.0

攻守において凡庸なパフォーマンスだった

14 ネイスミス 5.0

持ち前のパワフルさを発揮できなかった

(→A・コネ 5.5)

パス&ゴーのプレーで攻撃を活性化した

FW

10 ルカク 5.5

強靭なフィジカルを生かしたポストワークで起点となった

監督

マルティネス 5.0

代表戦明けで有利な試合だったが、プレッシングがハマらなかった

▽マンチェスター・ユナイテッド採点

GK

1 デ・ヘア 6.5

後半10分にルカクのシュートをビッグセーブ。抜群の安定感

DF

36 ダルミアン 6.0

代表戦で逆にリフレッシュできたか、落ちていた調子を上げてきた

4 フィル・ジョーンズ 5.5

及第点の内容。力強さを見せた

12 スモーリング 6.5

シュナイデルランの先制点をアシスト。守備だけでなくビルドアップの質も高かった

5 ロホ 5.5

好クロスでエレーラのゴールをお膳立てしたが、自陣で何度か緩慢なプレーがあった

MF

8 マタ 5.5

一定のアクセントを付けた。疲労を考慮されたかハーフタイムに交代

(→リンガード 5.5)

そつなくプレーしたが、好アピールはできなかった

28 シュナイデルラン 6.5

精度の高いシュートで移籍後公式戦初ゴールを記録し、3点目の起点にもなった

21 エレーラ 6.5

タイミングの良い飛び込みからヘディングシュートでチーム2点目を決め、ルーニーのゴールをアシスト

(→フェライーニ -)

31 シュバインシュタイガー 6.0

知的なポジショニングで中盤を整備した

(→キャリック -)

9 マルシャル 6.0

移籍後初めて左サイドで出場。プレー判断が良く、仕掛けた際は脅威に

FW

10 ルーニー 5.5

古巣対戦。簡単なつなぎのプレーでのロストが多かったが、チーム3点目を挙げた

監督

ファン・ハール 6.5

代表戦明けのため構成を変えて、難敵相手に完勝した

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!

エレーラ(マンチェスター・ユナイテッド)

▽与えられたチャンスを生かして1ゴール1アシストを記録。シュナイデルランやスモーリング、デ・ヘアもMOMに相応しいパフォーマンスだった。

エバートン 0-3 マンチェスター・ユナイテッド

【マンチェスター・ユナイテッド】

シュナイデルラン(前18)

エレーラ(前22)

ルーニー(後17)