ファッション×スポーツの新ブランド「NERGY」の旗艦店が渋谷にオープン

写真拡大

ランニングやヨガを仕事帰りに楽しむ女性が多い米国では、スポーツウェアを普段着として着用するファッションスタイル“アスレジャー”が流行っている、って知っていた? 

日本人女性にそんなライフスタイルを提案すべく、ファッションブランド「ジュン」がスポーツウェアブランドの「NIKE」に協力を得て立ち上げたのが、新ブランド「NERGY (ナージー)」。2015年9月19日(土)に渋谷の公園通りに旗艦店をオープンし、ここにはファッション性を重視した本格的なスポーツアイテムがたくさん揃うとか。そこで、ジュンの広報担当に同ブランドとそのラインナップについて、教えてもらった。

「写真左は、アクティブなスタイルを提案するコーディネート。ビッグシルエットの『ビッグPコート』(24840円)と、”走れるデニム”をコンセプトに作られたスーパーストレッチ素材の『スキニーデニムパンツ』(9936円)はオリジナルアイテムで、シューズには人気の『NIKE AIR HUARACHE RUN(ナイキ エア ハラチ ラン)』(11880円)をチョイスしました。また、写真右の『ナイキプロ インサイド ルーズタンク』(6048円)をはじめ、トレーニング用ウェアもさまざまにご用意しています」(同)
“シナジー”と“エネルギー”を掛け合わせた意味を持つ「ナージー」は、“スポーツを楽しむ生活”がコンセプト。オリジナルのスタイリッシュなカジュアルウェアのほか、「NIKE」をはじめとする、トレンド最先端ニューヨーク発「Outdoor Voices(アウトドア ボイス)」などの機能性に優れたアクティブウェアとのコーディネイトを取り入れれば、トレーニングもグッと楽しくなりそう。


約197平方メートルの広さの渋谷店は、ファッション、ライフスタイル、ビューティ、フードという4つのカテゴリーで分けられているそう。オリジナルのファッションアイテムのほか、「Outdoor Voices」や「NIKE」トレーニングウェア、国内外からのセレクトアイテムを揃えているとか。「NIKE」のシューズをディスプレイした壁には、ランニングやヨガなどさまざまなアイテムが。

「スニーカーの機能説明はもちろん、スポーツブラのサイズ計測なども行っています。お客さまの身体や運動能力や種目の目的に合ったアイテムを一緒にお選びします」(同)

天然木のボディマッサージャーやロゴ入りオーガニックタオルのほか、スニーカーフリークの間で話題の「GETABACO(ゲタバコ)」によるシューレースなど、ここだけでしか手に入らないアイテムも要チェック。


カナダ発MADE GOOD(メイド グッド)の「グラノラ」(190円〜)、イタリア発のオーガニック炭酸水(コーラ・ジンジャーなど/330円〜)、有機JAS認定を取得した「オーガニックキャンディ」(540円)などが並ぶコーナーも。

「天然素材や国内産など、原料や品質管理にこだわったビューティ系商品も扱っており、自然派コスメブランド『THREE(スリー)』のサプリ『INNER CARE』シリーズ(5500円〜)や頭皮と髪をケアする『SCALP&HAIR』シリーズ(2000円〜)、発色のよさが魅力的な「GRANJE(グランジェ)」の「カラージェルポリッシュ」全30色(各3000円)が揃うコーナーもあります」

スタイリッシュでアクティブなライフスタイルを目指す女子にはぴったり。ぜひ一度立ち寄って。