遠藤航【写真:ダン・オロウィッツ】

写真拡大

 明治安田生命J1リーグ2ndステージ第14節が17日に行われ、湘南ベルマーレはFC東京に2-1で勝利した。

 この日でJ1残留を確定させた湘南。だが、試合後のロッカールームの雰囲気は「特にいつもと変わらず」だったと遠藤航はいう。それはここまでチームがJ1の舞台で自信をつけてきたからだろう。

「自分たちのやってきた湘南スタイルのクオリティはもちろん上がっている」と話し、「ゴール前の粘り強さも2年前より高くなった」と、遠藤は言う。湘南がJ1仕様のチームになったことへの手応えを掴んでいる。

 FC東京との一戦でも上積みは見て取れた。「奪ってカウンターというのが相手の武器だと思うので、逆に引き込んで自分たちがカウンターを仕掛けるような戦い方をやっていた」と言うように、湘南は相手に攻めさせる戦い方を選択した。

 また、右サイドに走力のある藤田征也と古林将太を同時起用し、対面の太田宏介を封じた。

 遠藤は相手の左サイドについて「ストロングであり、ウィークでもあるのかな」と思っていたという。太田のクロスにしっかり対応し、そのサイドで奪えれば湘南のチャンスになる。「裏に抜けるランやクロスは自分たちの攻撃のひとつの形だった。それがハマった」と遠藤は振り返った。

 J1残留は決めたがシーズンはまだ3試合残っている。「どれだけ上位にいけるか。そこを意識して次も勝ち点3を取れるように」と、遠藤はさらに勝利を重ねる意思を示した。

text by 編集部