清水エスパルスはクラブ史上初のJ2降格となった【写真:Getty Images】

写真拡大

 Jリーグが創設されて24年目、常にJ1でプレーし続けていた清水エスパルスのクラブ史上初のJ2降格が決定した。

 結果次第では降格が決定する2ndステージ第14節、ホームにベガルタ仙台を迎えた清水だったが、前半4分にCKからハモン・ロペスに先制点を決められてしまう。澤田崇や大前元紀らがゴールに迫るも最後まで決めきれず、0-1で敗れた。

 これにより、同日夕方に開催されるアルビレックス新潟対松本山雅で、残留圏内15位の新潟が引き分け以上の結果を収めると、残り3試合で勝ち点差が10を超えるため逆転が不可能となる。

 しかし、新潟は特別指定選手の端山豪が62分に豪快なミドルシュートを叩き込んで先制すると、その直後にセットプレーから大井健太郎が決めてリードを広げる。最後まで松本の猛攻を凌ぎ切った新潟は、残留を争う直接対決で勝ち点3を手にした。

 この結果により、清水と新潟は残り3試合で勝ち点差が「12」となり、清水のJ2降格が決定した。

 開幕戦こそ鹿島アントラーズに3-1で快勝するなど強さを見せた清水だったが、1stステージでは3勝4分10敗の最下位。2ndステージに移っても、第14節時点で1勝しか挙げることができなかった。

 仙台戦に敗れたことで、今季2度目の4連敗。1stステージには5連敗もあった。大榎克己前監督の辞任を受けて田坂和昭監督が就任して以降は白星がなく、3分6敗と、崩れかけたチームを立て直すことができなかった。

 仙台戦直後、田坂監督は「勝てなかった原因を根掘り葉掘り言うよりは、もう何も言い訳はしないです。真摯に受け止めて、力がないということを…」と力不足を悔やんだ。

 今季から主将に就任したMF本田拓也も、「田坂監督に代わってから勝てる試合も何試合かありましたけど、セットプレー一発でやられたりリードしたのに追い付かれたり…。そういう試合が多かった」と語るように、仙台戦はまさにその言葉を象徴する試合だったのかもしれない。

 Jリーグ創設時からの“オリジナル10”の一員だった清水は、来季クラブ史上初めてJ2の舞台を戦う。

 しかし、クラブはこれからも存続する。柏レイソルはJ1に昇格して1年目でリーグ優勝を果たし、ガンバ大阪は三冠を達成した。サンフレッチェ広島やFC東京も1年でJ1へ昇格し、今では上位を争うクラブとなった。

 来季はJ1とはまた違った厳しい戦いが待ち受けているが、清水はこの屈辱を逆境に、クラブとして成長することができるだろうか。

 1年でのJ1昇格へ――。名門・清水エスパルスの戦いは、すでに始まっている。

text by 編集部