2位の渡邉彩香、テレサ・ルーに喰らいついた(撮影:ALBA)

写真拡大

<富士通レディース 2日目◇17日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,635ヤード・パー72)>
 初日5アンダーをマークし2位以下に3打差をつけたテレサ・ルー(台湾)。2日目も7アンダーと猛チャージを見せたが、初日2位につけた渡邉彩香も7バーディを奪うなど、必死に喰らいつき4打差の2位で最終日を迎えることとなった。
ライブフォトで大会2日目を振り返る!
 「良いプレーをしていましたね」と渡邉も絶賛するほど同じ組でラウンドするテレサは絶好調。8バーディを奪い2日連続で各日のベストスコアを出すほどだった。
 それでも「明日届かない位置には離されたくない」と懸命に食い下がった。17番でボギーを叩いてしまい6打差まで広がるも、18番で5メートルをねじ込み5打差に戻しホールアウト。そのパットを見た後、テレサはパーパットを外してボギー。渡邉の執念が実りもう1つ縮めて、第2ラウンドを終えることが出来た。
 「最後のバーディは大きい。本当に良かったです」と満足した表情の渡邉。「5打差以内で最終日を迎えたいと初日から思っていました。“明日が楽しみ”と思ってプレーを終えられて良かった」と狙い通りに射程に捉えてテレサを追いかける。
 「まだ差があるからパー5で攻めていかないといけないですね。イーグルが獲れればチャンスはあると思っています」。ラウンド後は日が暮れるまで練習グリーンに残りパットを調整。今年の「ヤマハレディース」でも5打差を逆転しており、諦める気はさらさらない。最終日こそ持ち味の飛距離を最大限に活かして、メジャー3冠の名手を捉えてみせる

<ゴルフ情報ALBA.Net>