こんにちは。全国のちょっと気になるグルメ情報をお届けするフードライターkazukazuです。

今回ご紹介させていただくのは、ステーキを題材としたドキュメンタリー映画「ステーキ・レボリューション」とステーキハウス「ウルフギャング・ステーキハウス」さん。


 

今回はいつもとは趣向を変え、お料理をいただく前にまずは映画を鑑賞してみました。

「なぜ、映画を見てから?」と思われるかもしれませんが、こちらの「ステーキ・レボリューション」という映画、「知って食べると100倍うまい。ステーキをおいしく食べるための食前ムービー」と紹介されているのです。

デートの前にこの映画を鑑賞してからステーキを食べに行くなんていうのにもってこいです!

 

「旨い牛肉はどうやって作られるのか?」

その謎に迫るために監督のフランク・リビエラさんとパリで一番の精肉店店主イヴ=マリ・ル=ブルドネックさんが、2年間の「世界最高のステーキを見つける旅」に出るところから始まります。


© 2014 LA FERME PRODUCTIONS SAS et C.PRODUCTIONS


© 2014 LA FERME PRODUCTIONS SAS et C.PRODUCTIONS

鑑賞していくうちに、ステーキはお肉を焼くだけのシンプルな料理かと思いきや、各国、各土地で複雑に発展していることに気付かされます。

アメリカでは証券マンなどのエリートが肉牛農家を始めていたり、スウェーデンではMBA取得者が和牛を飼育し始めたり、スペインでは15年も育てた牛を食肉としていたり……。


© 2014 LA FERME PRODUCTIONS SAS et C.PRODUCTIONS

その土地、その場所の環境が牛の育成方法を決め、肉質を決め、さらにそこから調理方法や熟成方法が決まっていく。どの方法が良いか悪いかではなく、その場所ごとでの考え方や発展についてを興味深く語っています。


© 2014 LA FERME PRODUCTIONS SAS et C.PRODUCTIONS

また、世界でおいしいステーキハウスのベスト10もあわせて紹介しています。どのお店のステーキも本当においしそうで食前ムービーとしては大変刺激的! もちろん日本の和牛ステーキも紹介されていますよ。

世界で一番美味しいステーキを探すために全世界20カ国200を超えるステーキハウスをめぐって旅したステーキドキュメンタリー映画。

この映画を見れば見るほど、お肉についてもっともっと知りたくなります! お肉についての見方、とらえ方が変わります!

 

さて、お腹が鳴るほどに刺激を受けた鑑賞後は、東京六本木に構えるステーキハウス「ウルフギャング・ステーキハウス」さんに訪れてみました。


 

こちらのお店、ニューヨーク・ブルックリンの名門ステーキハウス「ピーター・ルガー・ステーキ・ハウス」でヘッドウェイターとして活躍したウルフギャング・ズウィナーさんが独立して創業したステーキハウスの日本六本木店です。本店はニューヨークにあり、ワイキキ、マイアミ、ビバリーヒルズにも展開する、お肉好きさんを唸らせる人気店となっています。

ちなみに、「ピーター・ルガー・ステーキ・ハウス」は、映画「ステーキ・レボリューション」でも紹介されています。

 

 

今回注文したのが、「STEAK for FOUR(プライムステーキ4名様分)(¥32,000(税抜))」。


T字の骨を挟んでサーロインとヒレを同時に楽しめる通称「Tボーンステーキ」です。

 

この肉の塊、見た目からたまりませんね!


 

こちらのお肉は28日間熟成することにより、肉質が柔らかくなり、肉の旨味が増し、独特の熟成香がする今流行の熟成肉。

それでは、早速いただいてみます。

まずはヒレ。


続いて、サーロイン。


 

脂の割合も程よく、きめ細かい肉質でしっかりと赤身の旨味が感じられます。熟成しているだけに噛めば噛むほどにあふれ出てくる旨味がこれまたたまりませんね。さらに、900度の高温で焼き上げられているだけあり、表面の香ばしさが良いアクセントに。

 

う〜ん、おいしい! まさに至福のひとときです。

4名様分もペロリと完食。


 

食前ムービーの効果が出ていますね(笑)

 

さらに、ステーキだけでなくデザートメニューも充実しています。

中でも一番のオススメが、「HOT FUDGE SUNDAE (ホットファッジサンデー)(¥1,200(税抜))」。


 

こちらの品は本店のアメリカでも大人気のデザート!

お肉をしっかりいただいた後でも、別腹を持つ女子にとって〆のスイーツは必須ですね。

 

というわけで、ステーキドキュメンタリー映画「ステーキ・レボリューション」。

各国、各地での「ステーキ・レボリューション(お肉革命)」について学ぶことができるのはもちろん、自分自身のお肉に対する考え方が変わります。

こちらの映画を鑑賞する際は、あらかじめステーキハウスを予約してからがオススメですよ。鑑賞後にステーキを食べたくなることはもちろん、いつもとは一味違った味わいのステーキを堪能しながら、より一層ステーキな(素敵な)トークで盛り上がること間違いなしです。

(kazukazu/フードライター)

 

【映画情報】

映画名:ステーキ・レボリューション
公開日:2015年10月17日(土)〜
劇場名:YEBISU GARDEN CINEMA東京/109シネマズ二子玉川(東京)/大阪ステーションシティシネマ(大阪)ほか全国順次公開

 

【お店情報】

店名:ウルフギャング・ステーキハウス 六本木店
住所:東京都港区六本木5-16-50 六本木DUPLEX M’s 1F
TEL:03-5572-6341
営業時間:月〜日11:30〜23:30
定休:なし