イ・ボミ、宣言どおりにアンダーで3位に浮上!(撮影:ALBA)

写真拡大

<富士通レディース 2日目◇17日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,635ヤード・パー72)>
 「ショットの調子が良くなればアンダーパー出せると思う」。初日を終えた後語ったイ・ボミ(韓国)。2日目では宣言どおりに猛チャージ。5バーディ・ノーボギーの“67”をたたき出し、トータル4アンダーで単独3位に浮上した。
3位浮上のイ・ボミ!特選PHOTOは写真館で
 初日は天候に悩まされたが、2日目は大きな影響を受けることは無かった。「そんなに雨も降らなくて、風も弱くてよかった」。5番、6番と連続バーディを奪うと、9番では10m近くを放り込みバーディでターン。さらに次の10番、11番ではそれぞれ1m、2mにつけて結果3連続バーディ。リーダーボードを一気に駆け上がった。
 これで3位に浮上したが、まだまだ満足はできない。「終盤にもう少し伸ばしたかった。チャンスが来たけど入らなかったです…18番では良いパットだったのですがカップの真横で止まってしまって」と不満げな表情を浮かべた。
 現在トップのテレサ・ルー(台湾)とは8打差。そのため「2位に入りたいですね」と4打差の渡邉彩香をターゲットに定めたが、周りは意識しないで戦う。「(同組の)テレサを“うまい!”と思ったら自分のプレーができなくなるので、明日もアンダーパーで回れるように頑張ります」。最後は自分を諭すように噛み締めた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>