コラーゲンにヒアルロン酸…美容サプリのカン違い【高須院長に聞く】
 さまざまなダイエット法やアンチエイジング美容法が日々登場しています。でも、これってホントに効果があるの? 医者として美を追求してきた高須クリニックの高須克弥院長(http://www.takasu.co.jp/)をナビゲーターに、シリーズでお伝えします。教えて、かっちゃん!!

◆“飲むアンチエイジング”の効果はいかに?

 アンチエイジングの定番として、コラーゲンヒアルロン酸などをせっせと摂っている人は多いでしょう。前回の記事では、これらが配合されたコスメを肌に塗っても、保湿効果はあるけど吸収はされない、という悲報を紹介しました(“コスメで美肌”は本当か? 美容法のウソを高須院長がぶっちゃける)。

 では、塗るよりも、飲んだり食べたりするほうが効果があるんでしょうか?

Q. ヒアルロン酸やコラーゲンが入ったサプリやドリンクを飲むのは、効果があるんでしょうか?

「“まったく飲まないよりはマシ”ぐらいですかね。ヒアルロン酸だってコラーゲンだって、胃酸で分解されちゃうわけだから。

 ごく一部は残るかもしれないけど、たとえばヒアルロン酸を飲んだら、そのまま体内でヒアルロン酸になるわけじゃないんですよ」(高須院長)

 そうなんですか…。いったん分解されて全身にちらばったものが、再構成されて体内でまたヒアルロン酸になる確率はよくわからず、“翌朝にお肌ぷるぷる”なんてことはあり得ないそうです(これはコラーゲンも同じです)。

「だったら、普通に“健康にいい”と言われる食事をすれば十分じゃないですかね」(高須院長)。

Q. では美容のためにサプリを飲んでも意味がない?

 高須クリニックの女医さん・入谷英里先生いわく、たとえばビタミンは食事やサプリで体内に取り入れることができるそう。

「ビタミンCなど欠乏しやすい成分をサプリで補うという考え方もありますね。タバコを吸ったり、お酒を飲んだり、ストレスを感じたりするだけでもビタミンCは破壊されるので、どうしても不足しがちになります。

 食事で摂れればベストですが、それが難しい場合はサプリを飲むのも、選択肢のひとつではあるのかなと思います」(入谷先生)

Q. 美容クリニックで、ヒアルロン酸などを注射する施術がありますが、注射だったら効果がある?

 今や、シワ解消などの定番となったヒアルロン酸注射。

「注射の場合、ダイレクトに成分を体内に取り入れられるのが強みなんです」(入谷先生)。

 お肌の気になる場所にピンポイントで注入するので、土台がお肌を持ち上げるようにハリが戻るそう。ただし、ヒアルロン酸が徐々に体内に吸収されるので、一定期間で効果が消えてしまい(同クリニックの場合は1年程度)、キープしたければ定期的に注射しないとなりません。

 また、美容成分の点滴も「定期的に打つ方が多いです。頻度はまちまちですが、月1回アンチエイジング点滴を受けるなど、ペースを決めて通われるケースが多いです」(同)

 定期的な注射・点滴となると、お金がかかるのが悩ましい…。

※“老け”を食い止める美容医学って何するの?【高須院長に聞く】

<TEXT/島影真奈美>

【高須克弥氏・プロフィール】
1945年生まれ、医学博士。メディアでもお馴染みの、美容外科の第一人者。最新の美容技術を、自ら試して普及することでも有名。『その健康法では「早死に」する!』『最新版 シミ・しわ・たるみを自分で治す本』など著書多数。
「賞金総額250万円 高須クリニック動画CMコンテスト」開催中
http://yes-jinsei.com/cm/
高須院長Twitterアカウント @yes_jinsei