イラン戦で国際Aマッチデビューを果たした南野拓実【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

「まずは監督に信用してもらえるように」

 13日に行われたイランとの親善試合。わずか5分間ながら、20歳の南野拓実が代表初キャップを踏んだ。一方で、イランは同世代の若手が活躍。本田圭佑や香川真司と互角に渡り合っていた。そこで得た焦燥感は南野のさらなる成長を促すはずだ。

ーーーーーー

 1-1の状態で終盤を迎えた13日の親善試合・イラン戦(テヘラン)。ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は背番号18をつける弱冠20歳の南野拓実(ザルツブルク)を手元に呼び、後半43分に武藤嘉紀(マインツ)と交代させた。

 念願だった国際Aマッチデビューを果たした彼に与えられた時間はアディショナルタイムを含めてわずか5分間。若きアタッカーは少しでも得点に絡むプレーを見せようと必死になってピッチ上を駆け回ったが、ボールに触る機会のないまま無情にもタイムアップの笛。初キャップはほろ苦い形で幕を閉じた。

「いい経験にはなりましたけど、ホンマ、もうちょっと試合に出たかった。試合でアピールしたかったです。元気君(原口=ヘルタ)が先に出たし、代表には序列というものがある。自分には経験の差があるなと感じました。まずはハリルホジッチ監督に信用してもらえるように、今のチームでしっかり結果を出していきたいです」

 アウェイムードの漂うアザディスタジアムで悔しさを覚えてから2日。南野は真冬のような寒さに見舞われたレッドブル・ザルツブルクの練習場でトレーニングを再開していた。

 今回の10月2連戦は日中の気温が40度に達する猛暑のオマーン・マスカットから、気温25度前後で標高1200mのイラン・テヘランへの三角移動。今年1月に欧州挑戦し、今回A代表デビューを飾った彼にとっては、何もかもが初めての経験だったが、身体的なダメージはあまりなかったようだ。

「移動距離の長さは感じましたけど、A代表はシェフもついていたし、飯もおいしかったし、荷物を運んでくれる人もいて、全然大丈夫でした。僕はついこの間まで育成年代の代表活動に参加していたから、全部自分で荷物を運んで、エコノミーで移動していた。だから、やっぱりA代表は格別。ホント、余裕っすね」と彼は笑って見せた。

「あの18番が19歳なんて嘘やろ」

 今回の代表では、本田圭佑(ミラン)と同じ4-2-3-1の右FWでずっと練習していたという。国際Aマッチ77試合32得点という実績を誇る本田らの一挙手一投足を目の当たりにし、自らの足りない部分を客観的に分析するいい機会になったと本人は言う。

「A代表の選手たちは練習からレベルの高さを感じたし、1つのパスとかシュートにこだわっている。あとは紅白戦のスピード感。速いし正確でした。同じポジションの本田選手のことはもちろんですけど、サイドのできる選手は沢山いたし、彼らがどういうポジショニングをするのかなというのはよく観察したつもりです」

 それだけ違いを感じた日本のトップ選手たちがイラン相手に苦しみ、思うようなプレーができなかったのは、南野にとっても驚きだった。

 しかもイランは1トップに入ったアズムン(20番=ロストフ)が20歳、ボランチのエザトラヒ(18番=ロストフ)が19歳、前半終了間際に吉田麻也(サウサンプトン)のPKを誘って自らゴールを叩き出したトラビ(6番=サイバ)が21歳と、彼と同世代の選手が数多く出ていた。この現実に危機感も覚えた部分も少なからずあったようだ。

「真司(香川=ドルトムント)君がアジアの相手につぶされることはあまりないと思うし、イランはホントに強かった。あの18番が19歳なんて嘘やろと言いたくなりました(苦笑)。

 ベンチから見ていてアジアじゃないなと感じたし、実際ヨーロッパ的なサッカーをしていた。ああいう相手に勝とうと思うなら、もっと個人個人がレベルアップしないといけない。そう痛感させられました」

「海外の成長度を代表で試してみたい」

 イラン戦の後、本田が「イランみたいなフィジカルコンタクトに慣れるために一番いいのは、こういう環境に自分自身で身を置くこと。そうすることで、選手それぞれにとってこの感覚が本当のスタンダードになっていく」と強調した通り、球際の激しさや1対1の強さの部分は、タフな環境で日々プレーし続けることでしか向上しない。

 大柄な選手がズラリと揃うオーストリアにいる南野には、本田が言わんとするところがよく理解できるという。

「海外組の人たちが日本に戻ってくるたびに『1対1の激しさとスピード感が違う』と言っていたんで、最初から違いはあるやろなと思っていた。だから僕はそこまで戸惑いはなかったですね。だけど、Jリーグでやっていた時に比べてシュートの意識、シュートの精度、スピード感、奪った瞬間にタテに入るパスの質といった部分は明らかい違います。

 海外でそういう経験をして、実際に慣れて、結果を出せるようになったんで、その成長度を代表で試してみたい思いはメチャ大きかった。今回は残念でしたけど、またチームで結果を出して、次もA代表に呼ばれるようにしたい。ザルツブルクで絶対的中心になって初めて代表でレギュラーを獲る道が開けてくる。それは間違いないと思います」

 わずか5分間の代表デビューだったが、彼にとっては大きな一歩。本田も香川もそういう時期を経て、現在の位置をつかんでいる。南野がそうなるためには、本人も言う通り、ザルツブルクでコンスタントに結果を残すこと。目下6点というリーグ戦のゴール数を着実に伸ばすことが先決だ。

 期待の若きスター候補がどのような成長を遂げるのか、日本代表の未来はオーストリアでの成長に懸かっている。

text by 元川悦子