なんだか風邪をひいたかも……でも仕事や学校を休めない。そんな時、風邪薬を飲んで早めに寝よう! と思う人は多いでしょう。ではその風邪薬って何に効いているのでしょう? 風邪薬の秘密とマメ知識を紹介します。

風邪ってどんな病気なの?

一般的に鼻水や咳が出る風邪とはウイルス性の上気道炎のことを言います。ウイルスが浸入し、上気道(鼻から喉にかけて)が炎症を起こしている状態です。この悪さをするウイルスは何百種類もあるのですが、ほとんどの鼻風邪や喉風邪はライノウイルスやコロナウイルスというウイルスによって引き起こされます。鼻や喉ではなく胃腸にウイルスが浸入した場合はお腹風邪とも言われ、エンテロウイルスやエコーウイルスが主な原因ウイルスです。このようにウイルスに感染して炎症を起こしている状態を総じて風邪と言っています。

風邪に効く薬はない、という事実

風邪薬(総合感冒薬)とは言うものの、侵入してしまったウイルスを退治する薬というものは現時点では存在しません。病院でも薬局でもです。人間の身体は、侵入したウイルスを熱によって退治しようとしたり、粘液に溶かしこんで弱らせ体外に排出するために鼻水や痰を出したりします。風邪による発熱、くしゃみ鼻水や咳などの症状は、ウイルスと闘っているよというサイン。本来は、抵抗力に任せてそのままにしておく方がウイルス退治になり早く治るのだそうです。医者が風邪薬を飲まないと言われていているのは、身体のメカニズムを知っているからなのですね。

つらい症状はどうしたらいいの?

風邪をひいたら、身体が早くウイルスを退治できるよう温かくして栄養を摂りしっかり休むのが一番だと医師は言います。しかし、発熱も鼻水も咳もつらい症状ばかり。社会人は長く休めないことのほうが多いですよね。そこで登場するのが風邪薬です。病院で処方される薬も、薬局で購入できる薬も、基本的には鼻水鼻づまりを抑える、咳を抑え痰を出やすくする、頭痛を和らげるなどの対処療法となります。それぞれの症状に特化した薬にするのか、症状すべてに有効な薬にするのかの違いです。風邪薬には症状を抑える効果のほか、ウイルスと闘って疲労している身体に元気を与えるビタミン類も含まれています。自分が一番つらい症状を緩和する薬を選ぶと良いのですが、熱に関しては解熱剤を使用することで効果が切れた後に急激に高熱になる場合もあるので注意しましょう。熱が出てしまったら素直に休むのが一番かもしれませんね。


writer:しゃけごはん