<日本オープンゴルフ選手権競技 3日目◇17日◇六甲国際ゴルフ倶楽部 東コース(7,394ヤード・パー72)>
 国内メジャー第3戦『日本オープンゴルフ選手権競技』の3日目。全選手がハーフターンを終え、2日目で大会記録となる10アンダーをたたき出し首位に立った小平智だが、3日目の前半は2バーディ・1ボギーでラウンド、トータル12アンダーに伸ばし首位を堅守、2位に4打差をつけて後半へ入った。
 トータル8アンダー2位には池田勇太。続くトータル7アンダーには17歳のアマチュア・金谷拓実やキム・キョンテ(韓国)、永野竜太郎、ソン・ヨンハン(韓国)の4人が並ぶ。さらにトータル5アンダー7位タイには片山晋呉、谷原秀人、ハン・ジュンゴン(韓国)、H・W・リュー(韓国)の4人がつける。
 また、今大会注目のアダム・スコット(オーストラリア)は2バーディ・3ボギーで1つ落としトータル3アンダー11位タイとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>