マインツの日本代表FW武藤嘉紀【写真:Getty Images】

写真拡大

 ブンデスリーガ第9節が現地時間16日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するドルトムントと、日本代表FW武藤嘉紀のマインツが対戦した。

 この試合で0-2と敗北を喫したマインツ。武藤は勝利のために自身でFKを蹴ることを考えていたことを明かしている。

 試合後のインタビューで後半FKをセットしていたことについて聞かれると「ちょっと蹴ろうと思っていまして」と語った。「やっぱり良いところで貰えているにも関わらず枠にも入っていなかったですし。それなら自分が蹴ろうかなという気持ちはありました」とFKに挑戦する意欲があったことを明かした。

 FC東京時代にはチームメイトに日本代表DF太田宏介というセットプレーの名手がいた。FKがなかなか得点につながらないマインツの状況に不満を抱えているのかもしれない。今後はFKに挑戦する新たな武藤の姿にも期待が集まりそうだ。

text by 編集部