街コンにはソロより「2人組」で行ったほうがよい理由9パターン

写真拡大

多くの街コンが2人組での参加を条件にしていますが、中には単独参加OKのものもあるようです。だとしても、街コンには誰かとタッグを組んで臨むのが得策かもしれません。その理由とはいったいどこにあるのでしょうか。そこで今回は、インターネットユーザーの独身男性125名に聞いたアンケートを参考に「街コンにはソロより『2人組』で行ったほうがよい理由」をご紹介します。

【1】一人だと「この人、友達もいないの?」と思われてしまうから
「少なくとも友達がいるってことで安心感につながる」(20代男性)というように、一応友達づきあいができるコミュ力をアピールすることができるからです。ただし一緒に連れて行く友達があまりにも失礼なタイプだと、あなたの株をも落としてしまいかねないので、人選は吟味しましょう。

【2】だいたい女性側も2人組で参加することが多いから
「向こうが2人なら、こっちも2人の方が話しやすい」(20代男性)というように、コミュニケーションをとる上でバランスがよいからです。もちろん、単独参加の女性に対しても、男性2人で接したほうが楽しませてあげやすくなるでしょう。

【3】2人いると話しかけるきっかけを見つけやすいから
「2人なら相談してどうやったら自然に話しかけられるか考えられる」(20代男性)というように、さまざまな戦略が思いつくからです。そのためには、できるだけ自分とは視点が異なるタイプと組んだほうがよいかもしれません。

【4】2対2で話したほうが会話が盛り上がりやすいから
「1対1だとネタが尽きたら無言になっちゃう」(20代男性)というように、2対2だと対話の組み合わせが増えるので、ネタにも困らないからです。狙っている女子が相手だとしどろもどろになってしまう人も、複数で話せば緊張感が薄れてちょうどいいでしょう。

【5】1人だと行動に移せないことも2人だと大胆になれるから
「友達が一緒だと心強いし、勇気を出して行動に移せる」(20代男性)というように、いつも以上にアクティブになれるからです。「あの子に話しかければよかった」と後悔するより、「話しかけてみたけれどダメだった」ほうが諦めもつきそうです。

【6】下手を打ったときはもう1人につっこんでもらってリカバリできるから
「思わず失礼なことを言っちゃって空気が凍りついたときも、友達がフォローしてくれる」(20代男性)というように、互いに助け合えるからです。あらかじめボケとツッコミなど役割を決めておくのもよいかもしれません。

【7】1対1よりも自然に連絡先交換ができるから
「4人いれば誰かが連絡先交換の話題を持ち出すから」(20代男性)というように、2対2の方が連絡先交換につながりやすいからです。逆に「この女性とは連絡先交換したくない」場合もあるはずなので、あらかじめ2人でサインを考えておくとよいでしょう。

【8】何がいけなかったか反省して次回に活かせるから
「1人だと客観的になれず、失敗点がわからないけど、友達がいるとダメ出ししてくれる」(20代男性)というように、冷静な意見をくれる相手がいるからです。ただし、パートナーに辛辣な言葉を浴びせすぎると、次回は一緒に来てくれないかもしれないので、言葉は選んだほうがいいでしょう。

【9】心が折れても励まし合って次につなげられるから
「なんにも成果がなくても、ドンマイ!と言い合ってまた次に期待できるのがいいですね」(20代男性)というように、へこたれずにまた街コンに参加しようと思えるからです。終わってしまったことにはくよくよせず、「次はどこの街コンに行こうか?」と楽しい話題で締めくくるとよいでしょう。

街コンに2人で挑めば、攻撃力も防御力もガッツも2倍以上になること請け合いです。頼れそうな友達がいなければ、SNSなどで募集してみてもいいかもしれません。(熊山 准)

【調査概要】
期間:2015年6月2日から9日まで
対象:合計125名(独身男性)
地域:全国
方法:インターネット調査