©2015『私たちのハァハァ』製作委員会

写真拡大

福岡県北九州市に住む女子高生4人組が、自転車で1000キロ離れた東京のクリープハイプのライブを観に行く!

今期はどれ見る? 2015年「秋ドラマ」見どころ情報

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015でスカパー! 映画チャンネル賞とゆうばりファンタランド大賞(観客賞)の2冠に輝いた『私たちのハァハァ』はそんなシンプルな設定の、ありそうでなかった女子たちの青春ロードムービー。

主演の4人はほとんど無名で、人気コミックの映画化でもない完全オリジナル・ストーリーだが、この時代を生きている若者たちの生々しい感情や息吹きを焼きつけた嘘のない映像と彼らが実際に聴いているサウンドが散りばめられた本作は、“自分たちの映画”を待っていた同世代のハートをとらえて大ヒット!!

だが、それは偶然ではない。

メガホンをとったのはクリープハイプとタッグを組んだ『自分の事ばかりで情けなくなるよ』(13)や『ワンダフルワールドエンド』(15)などで知られる弱冠29歳の松居大悟。

『私たちのハァハァ』は、ビジネス重視の“いまの映画業界”に異を唱える彼が、“いまの感性と手法”で描いた“同時代”の青春映画”。その成功は、時代に要請された証でもあるのだ。

果たして、そこに込められた松居監督の想いとは? その自由かつクリエイティブな独自の制作スタイルに迫りながら、その内なる野望を直撃した。

こだわり1:自身が感じていたことから着想

『私たちのハァハァ』の企画は、プロデューサーが何気に発した「地方の女の子が主人公の劇映画を作りたいよね」というひと言から始まった。

「そのときに僕は僕で、クリープハイプや大森靖子といった音楽関係の作品を通じてバンドのファンの子たちのエネルギーはスゴいと感じていて、この子たちの物語を作ったら強いものになるんじゃないかなと思っていたんです。それが、プロデューサーから出た話と繋がって、地方のバンド好きの女の子たちが東京に行くというアイデアが閃いたんです」

そこには福岡出身の松居監督が当時感じていた素直な思いも反映されている。

「福岡にいるときにテレビで東京の情報ばかり流れているのを観ていて、何だかな〜? と思っていたことがあって。東京では当たり前のことが、地方では当たり前じゃないんだよというその感覚も描きたかったんです」

こだわり2:本物の女子高生をVineでキャスティング

キャスティングにももちろん監督のこだわりがある。

「女優さんは使いたくなかったんです。知っている女優さんが出てきただけで、映画を観る同世代の人たちが自分たちの物語じゃないと思って、作品を客観的に見ちゃいますからね。だから4人のうち、文子を演じてくれた三浦透子さんだけは女優のキャリアがあるけれど、そのほかの3人は演技経験もほぼゼロ。ただし、撮影当時は全員現役の女子高生で、そこにはこだわりました」

オーディションもしたようだが、中にはいまっぽい出会いをした子も。

「さっつんを演じた大関れいかさんですね。僕が普通にネットサーフィンしていて、Vine(6秒ループ動画を投稿できるアプリ)で見つけた彼女が単純に面白かったんです。女優さんじゃない方がいいなと思ったときに、Vineの存在に気づいて、当ってみたんですよ」

こだわり3:描き出すのは4人の生の感情

制作に入る前にはKISSファンを描いた大好きな『デトロイト・ロックシティ』(99)を気にしていたが、「あれとは違うものができると確信したから、作ったんです」と強調する。

「『デトロイト・ロックシティ』は全員が同じぐらいKISSが好きで、家庭の事情やコンプレックスによる出来事が事件になるじゃないですか? それは僕らが体験しようと思っても体験できないものだけど、こっちの4人はもっと些細な“好き”の違いがトラブルのもとになる。

クリープハイプのことが“好き”と言っても、彼らがいなきゃ死んじゃうという子もいれば、にわかファンもいるし、“好き”なふりをしていたり、みんなが東京に行くんだったら面白そうだから私も行くみたいな子もいて。

よくは分からないけれど、日本人ってなんかそんなところがあるような気がするんです。でも、その“好き”の違いが、当然いろいろな障害が起きる旅の途中でそれぞれのフラストレーションになるし、“本当は来たくなかったんでしょ!”という怒りを爆発させる。

そういったことは実際にも起き得る僕たちの生活とも地続きなものだし、より人間的でリアルな感情だと思ったんです」

こだわり4:LINEで見せる、女子高生たちの生っぽい会話

それにしても、松居監督は女子高生たちの気持ちがどうしてそんなに分かるのだろう?

「いや、分かってないですよ。男の子の気持ちは分かり過ぎるぐらい分かるけど(笑)。でも、女子の考えていることは分からないし、底知れないから、いくらでも深読みができる。彼女たちに委ねることもできるし、勝手に掘り下げてくれるような気がしていたので、僕、けっこうヤンチャなボールを投げているんです。逆に芝居や気持ちを押しつけたりはしない。

僕には女子高生の気持ちなんて分からないから、“そんな感情じゃないでしょ!”とは絶対に言えないし、芝居を重ねながら、だんだんよくなっていくのを見極めていく感じでしたね」

マイクロバス1台で北九州、広島、岡山、神戸、東京を移動しながら10日間かけて行ったロードムービーさながらの撮影も、常識にとらわれないライブ感に重きを置いたものだった。

「台本はきちんとあるのですが、お芝居したこともないだろうからって、台本に捉われずに演じてもらっていました。それこそ、関門人道トンネルのエレベーターのシーンなんて台本にはなくて。現場から現場の移動のときにせっかくだから彼女たちにもカメラを渡して、喋りながら撮ってもらったんですけど、それが超リアルで。あそこで扉がなかなか開かなかったときの4人のリアクションは、素のまんまです(笑)」

彼女たちの撮る映像がスクリーンの中で完全に横になったり、自転車を漕ぐ足を映し出したりするのも、スマホで動画を撮りまくるいまの人たちには親近感が湧くものだろう。

お互いの気持ちを伝えるLINEの画面も、実生活ではもはや当たり前のことなのに、日本の最近の青春映画ではなぜかなかなか見ることのできなかったものだ。

「若者を描いた映画でそういう描写がないのは不自然だな〜と以前から思っていたんです。映画監督は僕よりも年上が多いし、その人たちにその発想がないなら絶対にやった方がいいだろうなと思ったので、『ワンダフルワールドエンド』でツイキャスの画面を取り入れたんですけど、それで味をしめて。誰にもやられていないことをやりたいんですよね。台本には普通の会話のようにセリフが書いてあるんですけど、それを文字にして、彼女たちの映像と合成して。地獄のような日々でしたけど、今回のLINEの見せ方はうまくいったと思います」

こだわり5:好きなものがある人に届けたい

音楽と密接に関わる映画を撮り続けてきた松居監督だが、今回はクリープハイプの楽曲をあまり使わないようにしたという。

「クリープハイプに寄せれば寄せるほど、痛くなると思っていて。

第1弾の『自分の事ばかりで情けなくなるよ』はミュージックビデオの発展形として作ったからガッツリ使ったけれど、今回はクリープのファンにだけ向けて作ったものではないし、音楽じゃなくても、何か走り出しちゃうぐらい好きなものがある人全員に届いたらいいなと思っていて。

そのときにクリープの曲がガンガンかかったら、彼らのファンじゃない人たちの気分が薄まってしまう。そこでこれは私たちの知らない世界なんだと思ったら、映画に入れなくなるので、劇中の歌いながら盛り上がっている4人は活かしたけれど、劇の外で流れる音楽としては2曲しか使っていないです」

こだわり6:想定外の出来事をプラスに!

4人がクリープハイプのライブを観ることができるのか否かは映画を観てのお楽しみだが、クライマックスは彼らの本物のコンサートに押しかけて撮影した。

「しかも、あれはクリープの全国ツアーの最終日なんですよ。絶対に無理だと思っていたんだけど、尾崎君に頼んだら、“ニュースになるからいいよ”ってOKしてくれて(笑)。もちろんコンサートのお客さんには内緒だったから、中には怒っていた人もいたかもしれないけれど、それもリアルな反応だし、前作の関係性があったから、やっちゃおう! ということになったんです」

池松壮亮が『自分の事ばかりで情けなくなるよ』に続いて出演する岡山のシーンも、自然が作品に味方をした前半の味わい深いシーンになっている。

「岡山のあの男を誰に頼もう? と考えたとき、単純に池松くん、最近売れてきてるな〜と思って(笑)。

逆に、ほかの人を登場させるとヘンに意味がつくような気がしたので、無理あるスケジュールだったけど、お友だちとしてお願いしました。神戸のキャバ嬢を演じてくれた中村映里子さんも、同じように、クリープハイプの『エロ』というPVに出てもらった縁で出てもらいましたね。

でも、池松くんとさっつんがキスするシーンの撮影では台風にぶつかって。本当に土砂降りだったけど、ちょうど彼女たちが心折れるシーンだったので、画的には最高のものが撮れました」

こだわり7:いまを生きている人たちに向けて作りたい

衝動や感覚を大事に、自分にしか作れない新しい映画を生み出したい! ここまで読めば、『私たちのハァハァ』にはそんな松居監督のすべてが凝縮されていることが分かるはずだ。

「大人たちが懐かしんで作った青春映画をリアルだと肯定し続けていたら、いま実際に青春をしている人たちは何を観たらいいんだろう? と思っているんです。だから、僕はいまを生きている若い人たちに向けて映画を作っていきたいし、そういう傾向になっていかないと、ジジイがずっと映画を作り続けて終わるような気がしていて。それでは困るから、流れを変えたいんですよね」

その言葉はどんどん映画の本質を突くものに変わっていく。

「映画は俳優の人気や力などではなくて、作品の面白さが多くの人に伝わり、広がっていくのが理想だと思うんです。

『ワンダフルワールドエンド』でベルリン国際映画祭に参加したときにそれを実感したんですけど、映画祭の観客は監督の名前や作品に対する期待を何よりも重視していて、“あの監督のこの作品が面白いらしいから、観に行こう!”というスタンスなんですよ。そういう噂が広がっていく文化が、映画本来のあり方だと思うんですけどね」

状況を“変える”ために、これまでにも“自分たちの映画”はコレだ! というものを提示してきたが、なかなかうまく行かなかった。

「僕が作る映画は、大人たちからわりとなかったことにされることが多くて。たぶん僕が大人のために、映画好きの人たちのために作ってないから、理解できないのもあると思います。でも、無視され続けると生きづらくなるというか、心が折れるじゃないですか? 実際に心が折れて、新しい挑戦をやめてしまった若い方もいて、それって最悪なことです。繰り返しになりますけど、“〇〇風”な映画が“〇〇風”として当たったりする現状は絶対によくないですよ!」

その一方で「インディーズの映画を、コアなファンを中心とした小さなコミュニティでぐるぐる回している状況も意味がない」と言い切る。

「メジャーでもインディーズでもどっちでもいいと思うんですよ。作品の大小は関係ない。要は人気俳優が出ていなくても、人気コミックが原作でなくても、いい作品はいいし、面白い作品は面白いわけだから、そんな境界線はなくしたいですね」

すべては“いま”を生きる“私たちの映画”を作るために!

『私たちのハァハァ』はそんな松居大悟監督の大いなる野望の序章なのだ。
ひとりでも多くの人がスクリーンで目撃し、その追い風になって欲しい。