ソフトバンク・工藤公康監督【写真:編集部】

写真拡大

ワンバウンドを逸らさない高谷、「今年のソフトバンクの強さはここにある」

 ソフトバンクがロッテとのクライマックス・シリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦(ヤフオクドーム)で3-1と勝利し、日本シリーズ進出を決めた。下剋上を狙って挑んだロッテを寄せつけずに3連勝で突破。パ・リーグ覇者の強さが際立った。

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜と4球団で捕手として活躍した野口寿浩氏が、ソフトバンクの強さのポイントの1つとして挙げたのが、捕手の働きだ。今シリーズ、3試合連続でスタメンマスクを被ったのは高谷裕亮。この日は、先発・中田のワンバウンドのフォークを体を張って止め続け、バッテリーミスを出さなかった。

「第1戦を見ていても感じたのですが、今年のソフトバンクの強さはここにある気がします。キャッチャーが絶対にワンバウンドを逸らさない。(第1戦で先発した)武田のカーブなんて、(捕球するのは)難しいはずです。でも、100%止められる。本当にうまいですよ。高谷だけじゃなく、細川もうまいですからね」

 野口氏はこう絶賛する。これが当然、ピッチャーの投球にも好影響を与えているという。

「このシリーズはソフトバンクの強さが本当に目立った」

「ピッチャーが安心して投げられる。自分が捕れる自信があれば、低めにどんどん投げさせられるし、ピッチャーもどんどん投げられる。いいことづくめです。フォークはワンバウンドを投げられれば三振を取れますからね。こう言っては悪いですけど、ここが(セ・リーグ最下位に終わった)DeNAとかとの違いですよね」

 この試合でも、中田は0−0で迎えた2回1死三塁のピンチでクルーズをフォークで空振り三振に仕留めると、続く今江はワンバウンドのフォークで空振り三振に斬って取った。走者が三塁にいても、決め球を恐れずに使った。

「あれだけワンバウンドを投げても止めてくれると思ったら、ピッチャーはそこで攻められる。今日の中田しかり、初戦の武田しかり。こういうところにもソフトバンクの強さが見える。もちろん、レギュラーシーズンも強かったですけど、このシリーズはソフトバンクの強さが本当に目立ちました」

 強力打線や投手陣の充実ぶりも際立つソフトバンク。ヤクルトが来ても、巨人が来ても、死角は少ないと言えそうだ。