9度宙に舞った優勝監督、「これからはダイエットに務めたい」

 ソフトバンクの工藤公康監督は16日、ロッテとのクライマックス・シリーズ(CS)ファイナルステージ第3戦(ヤフオクドーム)で3-1と勝利し、2年連続16回目(南海、ダイエー時代を含む)の日本シリーズ進出を決めた。試合後は胴上げで9度宙を舞い、優勝監督インタビューでファンに日本一に向け力強く宣言した。

「ありがとうございます! このヤフオクドームで勝つことが出来て、本当にファンのみなさんと同じ想いです。熱い想いを、本当に選手たちに大きな拍手をお願いします!」

 お立ち台に上がり、就任1年目監督は勝利の報告を行った。試合後は選手たちに胴上げされ、9度宙を舞った。

「前回よりもちょっと僕が重たくなっているせいか、すみません。これからはダイエットに努めたいと思いますけど、本当にもうドームと天井が近く感じるくらい選手たちに上げていただいたので、本当にありがとうございました。気持ちよかったです」

 黄色く染まった本拠地の中心で祝福を受けた背番号81は、自身が胴上げをされた後、「日ごろ筋力を使わないので、こういうときにしっかり使いたいなと」と孫オーナーと主将・内川の胴上げにも加わった。

「孫オーナーにはしっかり宙に舞って欲しかったですし、内川キャプテンにはキャプテンとして僕が背負わせてしまったものがたくさんありましたので、それをなんとか胴上げで受け止めてあげたいなという想いで胴上げをしました」

 ファイナルステージ3戦連続決勝打。自身が今季主将に指名した4番打者への想いも口にした。

下剋上狙うロッテに無傷3連勝も「みなさんが思うほど簡単に3連勝したわけでは…」

 シーズンを貯金「41」で終えたホークス。このファイナルステージで対戦した3位ロッテとは18・5ゲーム差。圧倒的な差を付けていた。

「(プレッシャーは)確かにあったのですが、やっぱり連覇という大きな目標がある中で、優勝が決まってから1か月あった中でも、選手たちが今日のために練習を積み重ねたことがこの勝利につながった。

 3連勝をしましたけど、決してみなさんが思うほど簡単に3連勝したわけではなく、ロッテさんも非常に強い中、クライマックスファーストシリーズで勢いがある中で来た」

 2010年にはヤフオクドームでのファイナルステージで、同じく3位から勝ちあがって来たロッテに敗れている。圧倒的強さを誇っているホークスでも、確かにその勢いの怖さはあったのだろう。インタビューでは3位チームを迎え打つ心境を明かしていた。

「本当にまだまだ足りないとは思います。僕たちの目標はあくまでも日本シリーズ連覇という大きな目標があります。その目標に向かって必ず勝って、本当はここで胴上げできるのがベスト。

 日本シリーズに出ても一つも負ける気持ちはなく、全部勝つつもりで戦ってみなさんとともに優勝を味わいたいと思います! みなさんどうか選手ともども応援よろしくお願いします!」

 CSでも貫禄を見せつけ、無傷で2年連続16度目の日本シリーズ進出を決めたホークス。次なる目標は日本一連覇。就任1年目の指揮官は、24日からの頂上決戦も無敗のまま突っ走るつもりだ。