バルセロナのアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ【写真:Getty Images】

写真拡大

 バルセロナのアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノは、現地時間17日に行われる第8節ラージョ・バジェカーノ戦で久しぶりに一息つけるかもしれない。15日付け『マルカ』が報じた。

 マスチェラーノは9月8日より休み無しで1015分プレーしており、ルイス・エンリケ監督は、長いシーズンを戦い抜くためラージョ戦で休みを与えることを検討しているという。

 これまでマスチェラーノは12試合を連続してプレーしており、そのうち11試合はフル出場だった。

 さらに、この代表ウィークにアルゼンチン代表としてもプレーしており、L・エンリケ監督はバルサになくてはならない31歳のマスチェラーノをベンチに座らせることになるかもしれない。

text by 編集部