J1リーグ第30節現在、FC東京はリーグ最少失点を誇っている。その堅牢な守備力によって年間総合順位で3位につけ、セカンドステージでは熾烈な優勝争いを演じる。27失点は1試合平均で0.9失点。すなわち、最少得点で勝利できることを表している。

「ウノゼロ」

 イタリア語で1−0を意味する勝利式は、今や東京の代名詞になった。今シーズンはすでに7度、このスコアで勝利。"ゴールに鍵をかける"イタリア人監督マッシモ・フィッカデンティの色が濃く出ている。

「守備を固める」というと、日本では人海戦術に流れやすい。ゴール前で人垣を築き、あとは個人の肉弾戦に頼る形だ。しかしイタリア人監督はポジショニングを重視、ゾーンでの守りを確立し、要塞化している。

「つまらない」

 そう揶揄(やゆ)する声もある。なにしろリスクを冒さない。積極的なビルドアップはせず、中盤でボールをつなげて丹念にゲームを作る作業は求められない。ボールを失う危険は、ウノゼロにとって悪なのだ。

「ザック(ザッケローニ)もそうでしたが、マッシモは"どうやって失点をゼロにするか"という部分で、(自分が経験した監督の中では)最も論理的だと思います」

 東京のMFとして「戦術を司る」高橋秀人は、"イタリアの流儀"について説明している。

「マッシモは練習のときから、"カバーする位置取りながら、なおかつチャレンジにもいける"というポジショニングにすごくこだわりがありますね。俺はこいつしか見ない、というような守備は絶対に許さない。ゾーンディフェンスで、その網目の意識は強く持っています。例えばサイドの選手は、中のコースを切るのが絶対。とにかく中を切って、敵に侵入させず、とりあえずバックパスを出させたらOKというか。ボールにチャレンジしたい、というストレスは少なからずあるんですが、そこは我慢をしながらですね。チームとして徹底的にリスクを回避しているんで」

 東京は伝統的に「攻撃サッカー」の印象が強いが、実は守りに強い選手が多い。ウノゼロが浸透したのは必然だった。

 例えばリオ世代のMF橋本拳人も、ウノゼロで覚醒した選手の一人だろう。1点リードで逃げ切りの場面、(敵攻撃に)"ふたする"クローザー役から台頭。間合いとタイミングに優れ、タコが獲物を絡め取るようにボールを奪える。"どこにいつ入ったら、ボールを奪えるのか"という勘の良さも持ち、それを守備だけでなく、攻撃でも使える。インサイドハーフとしては巧妙にゴール前へ入って得点力も示しており、将来的には日本を代表する守備者になり得る。

「マッシモのおかげで、チーム全体の守備意識が上がっています。"ポジショニングが良くなったな"と思う選手がいるんですけど、それは本人も気づいていない。無意識の成長と言えるかもしれません」

 高橋が証言しているように、チーム全体の進化がウノゼロの現象を生み出している。

 フィッカデンティ監督就任2年目で、戦術は着実に浸透。システムは4−3−1−2、4−4−2、4−1−4−1(4−3−3)、3−5−2と多彩だが、守備理念は変わらない。11人がカバー&チャレンジで同じ意識を持ち、ゾーンに入ってきた敵を殲滅(せんめつ)する。守備の安定を得たことで選手間の距離感が向上、攻撃にも好循環をもたらしつつある。

 論理的に構成されているだけにショートカウンターは鋭く、セカンドステージ第10節のヴィッセル神戸戦は会心の出来だった。1点目は高い位置で米本拓司がボールを奪い、それを高橋秀人がドリブルでカウンターを仕掛け、パスを受けた前田遼一が突き刺した。その間、わずか数秒の出来事だった。2点目も最終ラインから逆サイドへのロングフィードを東慶悟が持ち込み、それを同じく前田が中央で合わせた。3点目も自陣深くから高橋が左サイドの東に長いスルーパスを通し、これをまたも前田が蹴り込んだ。

<相手が用意できていない状態で攻め入ることで得点率を上げ、敵陣内にボールを入れて失点率も下げる>

 効率に優れるイタリア式は、功を奏している。ウノゼロは受け身に回りやすいとも言えるが、選手が手応えを得ているだけに、今は心理的に後手を踏んでいない。むしろ相手を誘い込み、能動的に計略にかけている。主力を欠きながら(石川直宏がケガで長期離脱、武藤嘉紀が夏のマーケットで移籍、権田修一がオーバーワーク症候群で戦列を離れる)勝率が落ちないのは、チーム戦術が確立されている証拠だろう。

 失点ゼロが前提なだけに、先制された場合は苦しむ。東京はその業を背負っている。しかし、ウノゼロの魔法をかけることができたときには――彼らは無類の強さを誇る。

小宮良之●文 Text by Komiya Yoshiyuki