17歳が大舞台で躍動 2位で決勝ラウンドへ進むアマチュアの金谷拓実(撮影:米山聡明)

写真拡大

<日本オープンゴルフ選手権競技 2日目◇16日◇六甲国際ゴルフ倶楽部 東コース(7,394ヤード・パー72)>
 『日本オープン』での新記録1日10アンダーを達成した小平智に、ぴったりと並走し一時は単独首位に立ったアマチュアの金谷拓実。7月に開催された「日本アマチュアゴルフ選手権」を最年少記録“17歳51日”で制覇した実力を、プロ5試合目にしてギャラリーにみせつけた。

 「無我夢中だったし、スコアのことは考えなかった。この2日間は自分でも驚いている」と振り返った金谷。3アンダーで迎えた2日目は、前半に3連続バーディを奪うなど4つスコアを伸ばすと、後半も安定感を保ち続け2バーディ・ノーボギー。メジャーの舞台で“66”を叩き出し、単独2位に浮上した。
 小平が圧倒的なゴルフでスコアを伸ばしていく中でも、硬くなることなく淡々とプレーを続けた。「目標は予選通過だったんですが、後半はリーダーボードを見て、一番上にあったときはすごい嬉しくて」と試合後に語る姿からは高校生らしさが見受けられる。しかし、「昨日もですけど、小平さんにも近藤さんにもティショットで20〜30ヤード置いていかれる。(小平のプレーは)全然気になりませんでした」と語るなど、周囲に左右されない17歳らしからぬ“ゴルフの芯”を確立している印象を受ける。
 圧巻だったのは2日間連続ホール別難易度1位の最終18番パー4だ。ティショットをフェアウェイ右のバンカーに入れると、2打目はグリーンエッジまで200ヤード。アゴが気になり、ロングアイアンが持てない状況だった。
 イケイケでスコアを伸ばしてきた高校生ならば2オンにチャレンジしたくなるところだが、迷うことなくレイアップ。残り105ヤードの3打目はピン右1メートルに着弾すると傾斜に沿ってスルスルとピンそば50センチへ。明日以降へ勢いを保つための“改心のパーセーブ”に「ちょっとフックでコロがそうとしたら上手くいきました」としてやったりの笑顔を浮かべた。
 3日目は小平智と共に初の最終組。「まだ半分。しっかり準備して最高の状態で挑みたい」。仮に優勝を果たせば、第1回大会の赤星六郎以来・88年ぶりのアマチュアV。17歳148日での優勝は史上最年少だ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>