テレサ・ルーがノーボギーのラウンドで単独首位発進!(撮影:ALBA)

写真拡大

<富士通レディース 初日◇16日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,635ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「富士通レディース」は初日の競技が終了。多くの選手がスコアメイクに苦しむ中、賞金ランキング2位のテレサ・ルー(台湾)が5バーディ・ノーボギーの“67”で回り、5アンダーをマーク、2位に3打差をつけ首位に立った。
「富士通レディース」初日をライブフォトで振り返る!
 2位につけた渡邉彩香は4バーディ・2ボギーの“70”で回り2アンダーとした。続くイーブンパーの3位タイには申ジエ(韓国)、キム・ハヌル(韓国)、服部真夕ら7人が並んだ。
 また、先週の「スタンレーレディス」で今季5勝目を挙げ、年間獲得賞金2億円突破も見えるイ・ボミ(韓国)はこの日、3バーディ・4ボギーの“73”でラウンド、1オーバーの10位タイで初日を終えた。その他11位タイにはアン・ソンジュ(韓国)、木戸愛、キム・ハヌル(韓国)、金田久美子ら12人が並ぶ。
【初日の結果】
1位:テレサ・ルー(-5)
2位:渡邉彩香(-2)
3位T:申ジエ(E)
3位T:服部真夕(E)
3位T:フェービー・ヤオ(E)
3位T:福田真未(E)
3位T:O・サタヤ(E)
3位T:大竹エイカ(E)
3位T:種子田香夏(E)
10位T:イ・ボミ(+1)
10位T:アン・ソンジュ(+1)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>