マンチェスター・ユナイテッドのフランス代表FWアントニー・マルシアル【写真:Getty Images】

写真拡大

 マンチェスター・ユナイテッドは、フランス代表FWアントニー・マルシアルが9月度の『プレーヤー・オブ・ザ・マンス』を受賞したことを発表した。

 この夏に移籍金3600万ユーロ(約66億円)という大金でモナコから獲得した19歳のマルシアルは、第5節リバプール戦で途中出場してデビューを飾ると、巧みなドリブルから鮮烈なデビュー弾を決めていた。

 第6節のサウサンプトン戦でも2得点で勝利に導くなど、当初は年齢に対する移籍金の高さから疑問視されていたが、今では主力として欠かせない存在となっている。

 最優秀監督にはサウサンプトンのマウリシオ・ポチェッティーノ監督が選ばれている。

text by 編集部