ダニー・イングス【写真:Getty Images】

写真拡大

 今月12日に行われたリトアニア戦でイングランド代表デビューを飾ったばかりのFWダニー・イングスを悲劇が襲った。

 所属するリバプールに戻って14日のトレーニングに参加したイングスだったが、その中で前十字じん帯を断裂してしまった。英紙『デイリー・メール』などの報道によれば完治まで6〜9ヶ月の離脱が必要で、今季中の復帰は絶望的な状況だという。

 リバプールではU-21イングランド代表に参加していたDFジョー・ゴメスもイングスと同じ前十字じん帯断裂の大けがを負ったばかりだった。

 イングスが昨季まで所属していたバーンリーはクラブ公式ツイッターで「彼が前十字じん帯を断裂したニュースを知った。我々は彼が順調に回復することを祈っている」とエールを送り、かつてのエースをサポートする姿勢を見せた。

 イングランド代表としての輝かしい未来が開けてきたばかりで、来年のEURO出場も期待されていただけに、あまりにも大きな痛手になってしまった。リハビリを順調に進めてシーズン終盤までに復帰できなければ、夢の舞台でピッチに立つことは叶わないかもしれない。

text by 編集部