鞄にビーコンを入れておくことで、所有者と距離が離れた際に通知が行われる。管理者への通知機能を省いた試用版(対象はiOS)も先行して提供予定(画像は同社リリースより)

写真拡大

 日立システムズエンジニアリングサービスは15日、クラウド型紛失防止セキュリティソリューションを2016年1月から提供することを発表した。鞄やノートPCにビーコンを取り付け、設定距離から離れるとスマートフォンに通知されるというシステムになっている。

 重要書類が入った鞄や情報漏えいが懸念されるPCなど、人に起因する盗難紛失事故を防ぐためのシステム。Bluetooth Low Energy(BLE)に対応したビーコンを利用して、ビーコンとスマートフォンが設定した距離から離れた時点で本人へアラームで通知する仕組みだ。管理者には、紛失地点の位置をメールで通知することができる。

 価格はオープン。ビーコン1個あたり初期登録料3,000円、月額費用500円からとなっている(対象100名の場合)。同社では、紛失防止や位置検出などに関連したソリューションで、2020年度までに7億円の売上を見込んでいる。

■関連リンク
防犯システムデータベース
防犯システムNAVI