シュテーガー監督から一目置かれているMF長澤和輝【写真:Getty Images】

写真拡大

 ケルンを率いるペーター・シュテーガー監督が、今季出場がないMF長澤和輝について言及した。16日に独紙『キッカー』が報じている。

 長澤は昨季リーグ戦10試合に出場していたものの、今季は未だ出場がなかった。ベンチ入りを果たすときもあるが、今夏に加入したレオナルド・ビッテンコートにポジションを奪われる形で出場機会を得ていない。しかし、シュテーガー監督は長澤に一目置いているようだ。

「カズ(長澤)は素質、テクニック、キープ力があり、私のお気に入りの選手なんだ。彼からボールを奪うことは、とても難しいね」

 また、一方で「もっと前線にボールを運ばなければならない。ラストパスやそれにつながるパスをより多く出し、もっとシュートを打てるようにならなければいけない。それが彼に必要なことなんだ」と語り、足りない部分を指摘している。

 現在は長澤にとって苦しい状況は続いているが、突然舞い降りてくるチャンスのときに備えて準備をしておきたいところだ。ケルンは次節、18日に清武弘嗣と酒井宏樹が所属するハノーファーと対戦する。

text by 編集部