<日本オープンゴルフ選手権競技 2日目◇16日◇六甲国際ゴルフ倶楽部 東コース(7,394ヤード・パー72)>
 国内男子メジャー『日本オープンゴルフ選手権競技』の2日目。午前スタートの全選手が2日目を終了し、午後組も全員がスタートした時点で、初日3位タイと好位置につけた昨年覇者の池田勇太がこの日5バーディ・1ボギーでラウンド、2日連続の“68”でトータル8アンダーに伸ばし、単独首位に浮上した。
今季の国内男子をフォトギャラリーで振り返る!
 1打差のトータル7アンダー2位には午後組の小平智が浮上。小平は現在7ホールを終え、6バーディ・ノーボギーと猛チャージ、首位を猛追している。続くトータル6アンダー3位にはソン・ヨンハン(韓国)がつける。さらにトータル5アンダー4位タイには小田孔明、永野竜太郎、近藤共弘、ハン・ジュンゴン(韓国)のプロ4人と並び17歳高校2年のアマチュア・金谷拓実もつけている。
 また、『日本オープン』2年連続出場のアダム・スコット(オーストラリア)は4バーディ・2ボギーの“70”でトータル4アンダーに伸ばし、9位タイとしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>