岩田寛は最終ホールのバーディパットを残して日没となった(写真は全米プロ)(撮影:福田文平)

写真拡大

<フライズ・ドットコム・オープン 初日◇15日◇シルバラードCC(7,203ヤード・パー72)>
 今季から米ツアーに本格参戦する岩田寛は、OUTスタートの最終組から予定通りにティオフしたものの、日没によりホールアウトできずに開幕戦の初日を終えた。現在2アンダーで暫定48位タイにつけている岩田は、18番の3打目をピン奥5メートルに乗せてサスペンデッドとなったため、翌金曜にバーディパットから競技を再開させる。
松山英樹、スタートホールで同伴競技者にアクシデント
 ホールアウトこそできなかったものの、ゴルフを始めた頃から目標としてきた舞台にメンバーとして確かな一歩目を刻んだ。「いつもと変わらない。緊張はどこでもする。ふわふわしたままスタートした」と1番、2番と連続ボギーを叩く立ち上がりとなったが、そこから粘りをみせた。
 「1番、2番と変なボギーにして“終わったな”と思ってふてくされていたら、キャディが“ドンファンは2オーバーから6アンダーになったよ”と話しかけてきて…それを聞いたから何が変わるってこともないんですけど」。
 気持ちを切らさずに1打1打を積み重ねていくというのは、ここ数年のテーマ。「アメリカにきたらもっとやらなきゃと思っていた。それが今日は出来たかな」。8番、9番の連続バーディでイーブンとすると、後半は12番ボギーのあと3つのバーディを奪ってじわりと浮上を果たした。
 アメリカでのシーズンが始まった高ぶりは岩田節からは感じられなかったが、「でも、普通にスタートしたのに、サスペンデッドになるんだと。これがアメリカだなと思った」と一筋縄ではいかない米ツアーの洗礼はいきなり味わった。スタートは切った。この経験を積み重ねて一歩ずつたくましい米ツアー戦士になっていく。
【初日の順位(順位は暫定)】
1位:ブレンダン・スティール(-9)
2位:ジョナサン・ベガス(-8)
3位T:ハロルド・バーナーIII(-7)
3位T:マーティン・レアード(-7)
5位T:ジャスティン・トーマス(-6)
5位T:ドンファン(-6)
7位T:ジャスティン・ローズ(-5)他
13位T:ローリー・マキロイ(-4)他
48位T:松山英樹(-2)
48位T:岩田寛(-2)※未ホールアウト
88位T:石川遼(E)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>