Doctors Me(ドクターズミー)- 冬到来!風邪の予防に“鼻うがい”をマスターしよう!

写真拡大

鼻うがいで期待できる効果

鼻うがいとは、鼻洗浄ともいわれ鼻から生理食塩水を注入して、ほこり、ウイルス、膿(うみ)などの汚れを取り除く方法です。

鼻の奥にあたる上咽頭まで洗うことができるので、鼻をかむよりすっきりとします。その他、

・喉の痛みや鼻づまりを解消できる
・鼻のトラブルに効果がある(アレルギー性鼻炎や花粉症、副鼻腔炎など)
・蓄膿症などで鼻の奥に膿があるときに、鼻うがいをしてから軽く鼻をかむと膿(うみ)を除くことが出来る

…といった効果が期待出来ます。

鼻うがいの正しい方法

STEP1:食塩水の準備
洗面器に2リットル程のぬるま湯(約25〜30度) を入れます。そこに、18g(大さじ1杯程度)の食塩を入れます。これで0.9%の食塩水(生理食塩水)になります。真水で鼻うがいを行うと鼻や耳の奥が激しく痛みますのでやめましょう。

STEP2:タオルの準備
鼻から水がこぼれて洋服や床がぬれることがあるので、タオルなどをかけておきます。

STEP3:食塩水を吸い込む
洗面器の食塩水に顔を近づけて、片方の鼻の穴を指で押さえ、もう片方の鼻の穴から吸い込みます。飲み込まないように、少しだけ息を止めましょう。

STEP4:前かがみの体制で
洗面器から顔をはずし、吸い込んだ食塩水を鼻から出します。必ず前かがみの体勢で行います。

STEP5:3〜5回繰り返し
もう片方の鼻も同じ要領で行います。これを、3〜5回繰り返します。

STEP6:かるく鼻をかむ
軽く鼻をかみます。鼻の奥にたまっているものが出やすくなるでしょう。ただし、鼻の粘膜や耳を痛める危険性がありますので、強くかまないようにしましょう。

鼻うがいの注意点!

鼻うがいをする時は以下のことに気を付けましょう。

注意1:唾や食塩水を飲み込まない
鼻うがいの最中に唾や食塩水を飲み込むと、耳に流れて中耳炎になることがあります。飲み込まないように注意してください。

注意2:食塩水が鼻に残ったまま鼻をかまない
鼻をかむときは、食塩水が鼻に残ったままかんではいけません。鼻の粘膜が炎症を起こす原因になります。

注意3:使用する水に注意
アメリカでは水道水に含まれるアメーバによる、アメーバ性髄膜脳炎からの死亡例の報告が2例あります。ぬるま湯は清潔な容器に保存して24時間以内に使い切るか、もしくは滅菌水を使いましょう。

合わせて読みたいコラム

口呼吸は、百害あって一利なし。口呼吸をやめたい5つの理由
ブーツの季節は恐怖…そんな足臭女子が気をつけたい3つのコト
"褐色脂肪細胞"って知ってる?体の仕組みを理解して冷え性を解消!
舌を診れば健康状態が丸わかり。今すぐチェック!