チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

チェルシーが陥った危機。クラブはモウリーニョ監督支援の声明

 昨季プレミアリーグ王者のチェルシーに、大きな危機が訪れている。8節までで2勝2分4敗で失点数はリーグワースト2と、昨季までの強さは完全に失われてしまった。“ブルーズ”(チェルシーの愛称)が、再び強さを取り戻すためには何が必要なのだろうか。それは、ジョゼ・モウリーニョ監督の『原点回帰』にある。

----------

 これはもう立派な「危機」である。下馬評では、戦力が昨季からほぼ横ばいでもプレミアリーグ連覇が濃厚と見られていたチェルシーだったが、開幕8戦で8ポイントしか獲得できず、目標はトップ4へと大幅に下方修正された。指揮を執るあのジョゼ・モウリーニョでさえ、今季4敗目を喫した8節サウサンプトン戦(1-3)後には、TVインタビューで7分間強の“SOS”を発信せざるを得ない状態だった。

 お門違いと言われても仕方のないFAから罰金制裁が下った審判非難は、「10点満点でマイナス1点」と自軍を酷評した7節ニューカッスル戦(2-2)後などとは違い、尻を叩くことも憚られるほどチームが自信をなくしているという認識があってのことだろう。

「解任されない限り逃げはしない」、「自分こそがチェルシー史上最高の監督」といった発言は、監督交代を不振脱出の常套手段としてきた経営陣に対するサポート要求に他ならない。

 効果はあった。8節翌々日にクラブ公式サイトに掲載された「モウリーニョ完全支援」の声明は、13年目を迎えているロマン・アブラモビッチ政権下では初の対外的な監督支援だ。即座に就任可能なめぼしい後任候補がいないという事情があったにしても、クラブを牛耳るオーナーの意思があればこその公式声明であることに違いはない。

 この異例の措置は、クラブ全体の責任による危機というフロントの認識が背景にあるとも考えられる。明らかな主力のコンディション不足に、多分に商業的な昨季末のアジア経由オーストラリア遠征、結果としての例年より遅いプレシーズン開始が影響していないはずはない。

 いずれも昨季プレミア王者への「褒美」という位置付けだが、選手の側には首位独走に近いリーグ優勝後の油断もあったようだ。リーグ戦でまだ1得点のジエゴ・コスタなどは、オーバーウェイトでの今季始動を認めている。加えて、オーナーの意向を汲んだ攻撃強化の一環として、ラインの位置が押し上げられ、両SBが揃って攻め上がる頻度も増えたとなれば、攻めては決め手を欠き、守っては後方のスペースをつかれる事態があり得なかったわけではない。

失点数はリーグワースト2…イバノビッチは自信喪失

 無論、モウリーニョにも責任はある。例えば、ブラニスラフ・イバノビッチの先発起用継続。チーム最年長であるジョン・テリーの機動力不足には、若いクルト・ズマのスタメン昇格で手を打つ決断を下したが、同じ30代DFのイバノビッチにはベンチ降格を告げようとしなかった。

 だが今季のイバノビッチは、かわされることを恐れて距離を詰められない守りからも、コースもスピードも中途半端なクロスからも自信の低下が顕著になる一方。サウサンプトン戦は、敵にイバノビッチのサイドを狙われた一例に過ぎない。指揮官には、左SBとして起用しているセサル・アスピリクエタを本来の右に回す手段があるはずだった。

 その指揮官に危機到来の全責任をなすりつけることなく、集団責任として危機脱出に取り組む構えを見せたチェルシーは、モウリーニョのチームとしての基本に立ち返る必要がある。つまり、堅守ベースの立て直しだ。

 攻撃姿勢の強化は理想で、先制されたり追いつかれたりする度に自信を失っているのが現実。8試合で20チーム中ワースト2の「17」という失点に歯止めをかけることが先決だ。

 モウリーニョの言葉を借りれば「1ステップ」分、昨季レベルまでラインを下げれば、テリーとガリー・ケイヒルのCBコンビ復権に伴う走力不足の不安は減少する。チェルシーらしからぬセットプレーからの安易な失点も見られることから、ズマの機動力以上にテリーの統率力が求められる現状でもある。

 SBの人選は、先のセルビア代表戦でのイバノビッチ負傷が不幸中の幸い。今夏に左SBのバックアッパーとして加入したババ・ラーマンと、本職に戻るアスピリクエタが攻守のバランスを取れば良い。

合言葉は『原点回帰』。システム変更も有効か?

 原点回帰という意味では、前回モウリーニョ監督時代の基本システムだった4-3-3 の採用も悪くはない。今季はボール奪取後に無理をして再びボールを失う姿が目立つネマニャ・マティッチは、「2+1」となる中盤の底に座れば、奪ったボールをシンプルに手前2名のどちらかに預けやすいと思われる。

 その1人であるセスク・ファブレガスは、攻撃面での決定的な仕事が減る一方で、守備面の仕事を疎かにする頻度が昨季後半から増している。元来は意識も体も前線に向くタイプだけに、攻守の役割分担が明確な3センターの方が本来の姿を取り戻し易いのではないか? 横並びの相棒は、守備重視であれば運度量の豊富なラミレス、攻守両用であればパスもタックルも巧いオスカルという選択肢がある。

 3トップでは、左にエデン・アザール、右はペドロかウィリアンのチャンスメイカーがコスタと近い位置で絡み易いとも考えられる。堅守色を強めれば好機を逃さない主砲の決定力がことさら重要だが、スペイン代表から漏れた今月の代表ウィークをチェルシーの練習場で過ごしたコスタ自身は、曰く「納得のいく調整」を進めて国内での出場停止処分も解けるリーグ再開に臨む。

 10月17日の9節でホームに迎える相手は、8戦6敗のアストンビラ。敵地に乗り込む10節は、アウェイでこそアーセナル、リバプール、マンチェスター・シティから白星を奪っていても、ホームでは1勝しかできていないウェストハムとの対戦。

 恵まれたカードでモウリーニョのチェルシーらしく確実に結果を出せれば、計6ポイントと共に復調のきっかけを得て、トップ4への道標も行く手に見えてくる。

text by 山中忍