タグ・ホイヤーのAndroidスマートウォッチ、発売のカウントダウンへ

写真拡大

高級腕時計メーカーのタグ・ホイヤーは、グーグルやインテルと協力して開発したAndroid搭載のスマートウォッチ「Connected」の予告サイトを公開した。 11月9日に製品発表のイヴェントを行うという。

Get ready to experience the next step in innovation. #connectedtoeternity http://t.co/nViLajHIUw pic.twitter.com/MmX56NbPP9

「タグ・ホイヤーのAndroidスマートウォッチ、発売のカウントダウンへ」の写真・リンク付きの記事はこちら

— TAG Heuer (@TAGHeuer) 2015, 10月 12

スイスの高級腕時計メーカー「タグ・ホイヤー」とAndroidは10月13日、それぞれのTwitterアカウントで、「Android Wear」搭載スマートウォッチの発表に関するツイートを投稿した(タグ・ホイヤーの投稿とAndroidの投稿)。

ネット接続機能のある腕時計「Connected」の予告サイトを見ると、タグ・ホイヤーが、Android Wearデヴァイスでスマートウォッチ市場へ参入しようとしていることがわかる。最も興味深い点は、サイトのいちばん下に「グーグルやインテルと協力して開発」と記されていることだ。

タグ・ホイヤーは、2015年はじめからグーグルやインテルとともにスマートウォッチの開発に取り組んできた(日本語版記事)が、製品のデザインをわれわれが垣間見ることができたのは今回のツイートが初めてだ。

予告サイトでは、2015年11月9日に向かってのカウントダウンが進んでおり、次のように書かれている。「前衛的なスイス時計のブランドとして知られるタグ・ホイヤーは、Connectedによって、その限界をさらに押し広げようとしています。伝統がイノヴェイションと出会い、職人精神が臨機応変の才と出会い、大胆なスタイルが画期的なテクノロジーと出会います。時計は大きなブレイクスルーに向けて時を刻んでいます」

タグ・ホイヤーのジャン・クロード・ビヴァー最高経営責任者(CEO)は2015年9月、「CNBC」に対して、Connectedの販売価格は1,800ドル程度になるだろうと語った

「Wearable.com」は2015年5月の記事で、タグ・ホイヤーの英国PR担当者の話として、Connectedはアップグレードが可能な製品だと伝えている。

関連記事:Apple Watchとスイス製腕時計が合体した新製品(動画あり)

腕時計メーカー各社はどこも、スマートウォッチ市場参入へのプレッシャーを感じているに違いない。特に、もうひとつの高級品ブランドであるアップルが、自分たちの縄張りへ踏み込もうとしているのだからなおさらだ。すぐに導入できるスマートウォッチ用OSとしてAndroid Wearしか存在しない現状では、昔ながらの腕時計をつくっている企業がグーグル製OSに飛びつくようになるのも、単に時間の問題だった。

インテルが関与している理由はおそらく、同社の「Quark SoC」を採り入れるためだ。Quark SoCを使うことで、ウェアラブルデヴァイスにつきもののサイズと電源確保というスペック上の制約を解決できる。

だが、グーグルの関与は興味深い。グーグルはタグ・ホイヤーのために特別なソフトウェアを提案するのだろうか。Connectedは、新しいモバイルOS「Marshmallow(Android 6.0)」を搭載したAndroid Wear製品のフラグシップになるのだろうか。すべては11月9日に明らかになるだろう。

TAG

AndroidWearArstechnica USSmartwatchTagHeuer