写真提供:マイナビニュース

写真拡大

マキノ出版(東京都文京区)はこのほど、DVDブック『30日間、食べることやめてみました』(著: 榎木孝明 / 税込1,566円)を発売した。

俳優の榎木孝明さんは、2015年に30日もの間、食べるのをやめる「不食生活」を送った。不食生活は、健康のためでもなければダイエットのためでもなく、常識という枠から飛び出して無限の可能性を探るために行ったのだという。

同書はその30日間の全ての記録を収めたもので、第2章では30日間の不食日記を収録。「人は食べなければ生きていけないのか」「食べるのをやめたとき何が起こるのか」といった疑問と、それに挑む榎木さんの姿を、活字と映像でありのままに活写したとのこと。なお、不食に興味がある人のために、第4章は「不食のそこが知りたいQ&A」を掲載している。

監修は心臓外科の名医・南淵明宏医師が担当した。「不食」の医学的メカニズムとともに、人類の新しい「生き方」も解説している。

(フォルサ)