クロワッサンとマフィンのハイブリッドスイーツ「マフィノワズリー」(各380円)は、チョコレート、マロン、ブルーベリーの3種類。日本初上陸の新メニューだ

写真拡大

フランスで人気のベーカリーカフェ「Brioshe Doree(ブリオッシュ ドーレ)」が、11月9日(月)にソラリアステージ(福岡市中央区)地下1階にオープンする。九州初上陸となる同店は、パリのシャンゼリゼ通り、オペラ座、リヨン駅、空港などフランス国内だけでも300店舗以上展開する。パン好きの国・フランスで最も親しまれているベーカリーカフェだ。

【写真を見る】「クロワッサン食パン」(1本900円、ハーフ480円)。クロワッサンを食パン風に焼き上げたユニークなメニュー。クロワッサンのサクサク感と、上質なバターの香りを楽しめる

注目すべきは、フランスで話題のハイブリッドスイーツ「マフィノワズリー」(380円)。フランスでも人気の商品で、日本に初上陸する。クロワッサンをマフィン型で焼き、中にはチョコレートやブルーベリー、マロンのクリームが入っている新感覚スイーツだ。外側はサクサク、中はもっちりとした食感で、トロリとしたクリームとの相性も抜群!

日本での展開において、“フランスの本物の商品”を販売することを第一に掲げ、本場の味と香りをそのまま再現する。レシピはフランス国家最優秀職人が考案し、素材は上質なフランス産の小麦粉や発酵バターを使用。店内でひとつひとつ丁寧に焼き上げる。

他にも定番のクロワッサンやブリオッシュ、バゲット、日本限定のクロワッサンサンドやフランスの伝統レシピのバゲットサンドなどをラインアップ。パンだけでなく、デザートやドリンクメニューも多彩にそろえているので要チェック!【福岡ウォーカー】