コンパクトボディにソニーのオーディオ設計技術を結集

写真拡大

ソニーは、コンパクトオーディオシステム「CAS-1」を2015年10月17日に発売する。

小音量でもバランスの良いハイレゾ再生「ローボリュームモード」搭載

CDを超える音質のハイレゾ(ハイレゾリューション・オーディオ)音源対応の左右2つのスピーカーと本体の3つのユニットからなる。同社が長年培ってきた高級オーディオ設計技術をコンパクトボディに結集し、デスクトップなど限られた設置スペースでも、ハイレゾ音源の微細な空気感や臨場感ある音場を実現した。

パソコンやスマートフォン、ウォークマンなどのモバイル機器とUSBケーブルで接続してハイレゾ音源再生が可能。Bluetoothを従来比約3倍の量で情報伝送できる独自コーデック「LDAC」に対応し、高音質ワイヤレス再生を楽しめるほか、「DSEE HX」を搭載し、MP3などの圧縮音源をハイレゾ相当にアップスケーリングする機能も備える。

音量を下げても原音のバランスを崩さず再生できる「ローボリュームモード」を搭載し、ワンルームや夜間など音量を出しにくい環境でも、小音量でハイレゾ音源を再生できる。

Bluetoothバージョンは3.0で、A2DP、AVRCP各プロファイル、SBC、AAC、LDAC。SCMS-T各コーデックに対応。

市場想定価格は8万円前後(税別)。