リバプール戦も欠場する可能性がある韓国代表FWソン・フンミン【写真:Getty Images】

写真拡大

 トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督が、怪我で離脱している韓国代表FWソン・フンミンの近況についてコメントしたようだ。15日に英紙『スカイスポーツ』が報じている。

 ソン・フンミンは9月26日に行われたプレミアリーグ第7節のマンチェスター・シティ戦で足を負傷して以降、治療に専念するため試合を欠場していた。17日にはリバプールとの大一番を迎えるが、ポチェッティーノ監督によれば、復帰するにはもう少し時間が必要なようだ。

「彼は足を怪我をしているが、あと1週間から2週間で復帰するだろう。もうすぐチーム練習に戻ってこれると思う」

 今夏にレバークーゼンからトッテナムに移籍してきたソン・フンミンは、リーグ戦3試合の出場で1得点を決めている。ヨーロッパリーグ(EL)のグラバグ・アグダム戦では2得点を記録し勝利に貢献していた。リバプールはユルゲン・クロップ監督が就任したばかりだが、トッテナムにとっては気の抜けない相手となるだろう。

text by 編集部