おでんは白飯のおかずになる?に賛否の声

写真拡大

寒い季節になると食べたくなるおでん。アツアツの大根や卵、ちくわぶなど、「好きな具はなに?」という話のネタにもなり盛り上がります。しかし、忘れてはいけない話題はまだあります。それは「おでんが白飯のおかずになるか?」です。人や育った家庭環境によっても異なりそうですが、実際はどうなのか? 調べてみました。

●おかずにならない派「おいしいけど、おかずではない」

まずは、おかずにならない派。同じ味付けの練り物ばかりでは、おかずとしての評価は低い。特に、薄味のおでんの場合はなおさら。白飯をおいしく食べるためには、油ものや塩っ気があるような、味がしっかりついているものが好まれるようです。おでんは、おやつや間食用、お酒のつまみとしてなら、文句のない料理と言えるのかもしれません。ネット上にも、おかずとして認めないコメントが数多い。

「おでんをおかずにご飯を食べるのは認めない。絶対にだ!」

「シチューとおでんはご飯のおかずじゃないと思う」

「なんでおでんをおかずと判断するのか本当に疑問」

「かぼちゃの煮つけとおでんは、おかずとして機能してないことにいい加減気づいてほしい」

●おかずになる派「おでんはおかずにも汁物にもなる!」

おかずになる派としては、大根や餅入り巾着、練り物、タコ、昆布などの豊富な具材が入っており、それだけで白飯をおいしく食べられるのだとか。さらに、出汁の効いた汁は汁物にもなるため、おでんと白飯さえあればそれだけで満足できる人もいるそう。

「私はおでんでご飯もめっちゃすすみます」

「おでんは立派なおかず」

「ホワイトシチューもおでんもコロッケもおかずだしお好み焼きもおかずです」

「ウチも基本おでんはおかず。おでんの日はおでんしか出ない!」

この議論に関しては、どちらが正しいというものではありません。しかし、解決策として、おでんの日には白飯にふりかけをかけて食べる人や、白飯をおにぎりや海苔巻き、炊き込みご飯にすれば良いのでは? という意見もあります。また、漬物のような簡単な副菜をプラスするだけで、白飯も食べやすくなるかもしれません。

もしも、家族のなかに“おでんはおかずにならない”派の人がいるようであれば、白飯が食べやすくなるように工夫をしてみると良さそうですね!

(文・奈古善晴/考務店)