初日は2アンダーで終えた松山英樹(撮影:福田文平)

写真拡大

<フライズ・ドットコム・オープン 初日◇15日◇シルバラードCC(7,203ヤード・パー72)>
 米国男子ツアー2015-16シーズンの初戦となる「フライズ・ドットコム・オープン」。大会前の優勝予想番付で2位にピックアップされるなど注目を集めて本格参戦3シーズン目をスタートした松山英樹は、6バーディ・4ボギー“70”の2アンダーで初日を終えた。
リッキー・ファウラーが来日してもらったものは意外な…
 松山は2番でボギーが先行するも直後の3番でバーディを奪取。前半は出入りの激しい内容となるも1アンダーで折り返す。後半は13番でバンカーを渡り歩いてボギーを叩くなど我慢が続いたが16番パー5でバーディを奪うと、最終18番パー5もバーディとしてホールアウトした。
 すでにホールアウトしている石川遼は3バーディ・3ボギーの“72”でイーブンパースタート。最終組の岩田寛は12番まで終えて1オーバーとなっている。現時点で首位は“63”を叩きだしたブレンダン・スティール。ローリー・マキロイ(北アイルランド)は4アンダーでフィニッシュしている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>