ミランのシルビオ・ベルルスコーニ名誉会長【写真:Getty Images】

写真拡大

 週末のセリエA第8節トリノ戦でミランはシステム変更を検討している。しかしながら、シルビオ・ベルルスコーニ名誉会長はシニシャ・ミハイロビッチ監督の決定に満足していないのかもしれない。イタリア紙『ラ・スタンパ』が報じている。

 ベルルスコーニ名誉会長はミハイロビッチ監督について聞かれると、「彼は素晴らしいトレーナーだ。しかし、今のミランにはもう少し“戦術"が必要だね」と答えている。

 ジェノア戦、ナポリ戦で2連敗を喫したミランは、布陣を4-3-1-2から4-3-3へと変更するとみられている。これによりトップ下のポジションは消え、日本代表FW本田圭佑の出番は減少するとの予想だ。

 今季ミハイロビッチ監督が就任したものの、未だにチームの形を定められていないミラン。果たしてトリノ戦では名誉会長を満足させる“戦術”を披露することはできるのだろうか。

text by 編集部