「トムヤム鍋」

写真拡大

無印良品は、「アジアの鍋」をテーマにした手づくり鍋キット、「トムヤム鍋」、「火鍋」「タッカンマリ」の3アイテムを2015年10月14日に発売した。ネットストアでの販売は16日から。

タイを代表する「トムヤムクン」をアレンジした鍋は、酸味と辛みのきいたハーブの香りと豊かなスープが特長。"シメ"の春雨とつけだれがセットになっている。タイでよく使われる唐辛子、ライム、ナンプラーなどを使用したつけだれは、クセになる味わい。

「火鍋」は、アジアを代表する唐辛子ベースの中国の鍋。魚醤を使った赤いスープの素と春雨、ごま風味のつけだれがセットになっている。タマリンドやコリアンダー、チリペーストなどの調味料と、にんにく、醤油などをつかったピリッと辛くてコクのあるたれが特長。

「タッカンマリ」は、韓国の下町の味で、鶏の旨味たっぷりの鍋。生姜が入ったやさしいスープの素と韓国の切り餅、つけだれのセット。つけだれは、コチュジャンや醤油をベースにした、甘辛味。最後は、鍋の中に入れて味を変化させることもできる。

価格(税込)は「トムヤム鍋」、「火鍋」が450円、「タッカンマリ」が400円。