ソン・フンミン、リバプールとの大一番には間に合わず…

写真拡大

▽トッテナムの韓国代表FWソン・フンミンが、17日に行われるプレミアリーグ第9節のリバプール戦を負傷の影響で欠場するようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽伝えられるところによると、9月26日に行われたプレミアリーグ第7節のマンチェスター・シティ戦(4-1でトッテナムが勝利)で足を負傷したソン・フンミンは、その後の練習を回避、母国に戻り治療に専念していたようだ。

▽トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、リバプール戦に向けたソン・フンミンらの状態について以下のように語った。

「ソン・フンミン、ベンタレブ、ライアン・メーソンの3人はリバプール戦には出場できないだろう。しかし、それはこれまでの2〜3週間と変わらない事だ」

「我々はソン・フンミンの活躍に満足している。彼の足のケガは完治に向かっているし、あと1〜2週間で復帰するだろう。チームの全体練習にも、もうじき合流するはずだ」

▽今夏の移籍市場でレバークーゼンからトッテナムに加入したソン・フンミンは、ヨーロッパリーグ(EL)のカラバフ戦とプレミアリーグのクリスタル・パレス戦で決勝点を挙げるなど、ここまでの公式戦5試合で3ゴールを記録。早くもチームのスタイルに順応し、評価を高めていた。