Doctors Me(ドクターズミー)- 子どもや赤ちゃんの下痢!どう対処すればいい?

写真拡大

小さなお子さんが下痢をしていると心配になってしまいますよね。

今回は子どもの下痢について、症状やどんなことに気をつけたらよいのか、医師に解説していただきました。

子どもに多い下痢の原因と症状

赤ちゃんに関して言えば、ウンチはもともとゆるめだったり、母乳や粉ミルク、離乳食と口にするものによっても影響を受けます。食欲があって、ご機嫌にしていれば問題のないことがほとんどです。ではどんな時に注意が必要なのでしょうか。

・白っぽくて(薄い黄色)、泥状や水のような便
冬に多いロタウイルスが原因であることが多いです。 
下痢便でなくでも白っぽい(灰白色)便は肝臓や胆道の病気の可能性があります。

・血便
ドロっとしたジャムのような便は腸の病気(腸重積)や食中毒などでみられます。明るい赤色の血が混ざった下痢便も食中毒などでみられます。

・発熱、下痢や嘔吐を繰り返し、不機嫌な状態、ぐったりした状態が続く
これらはウイルス(ノロウイルスなど)や細菌が感染することで急性胃腸炎を起こしている可能性があります。

・全身の症状を伴う
発熱以外にも、湿疹や咳があるなど、胃腸以外の感染症で下痢を伴うものがあります。突発性発疹でも下痢の症状はよく見られます。

※抗生物質を飲むことで、下痢になることがあります。だからといって抗生物質は自分の判断で中止しては危険ですので、下痢がひどい場合は担当の先生に相談しましょう。

要注意!長引く子どもの下痢

ここまで急性の下痢について話してきましたが、2週間以上続くような、慢性下痢症もあります。腸のご病気の他に学童期のお子さんは心理的なストレスにより下痢や腹痛をおこすことも珍しくありません。食事が原因となるものもあり、牛乳を消化できないことによる乳糖不耐症、小麦に含まれるグルテンが原因となるセリアック病などが代表的です。病院での検査や治療が重要です。

下痢の対処法と予防法は?

○下痢便のついたオムツをビニール袋に入れて持って行く
受診の際は、下痢便のついたオムツをビニール袋の中に入れ持って行くと良いでしょう。トイレでの排便の場合は写真を撮って小児科の先生に便の様子を見てもらいましょう。

○手洗いをしっかりする
感染性の強いウイルス性腸炎の場合は、保護者の方への二次感染に注意が必要です。オムツがえや吐物の処理の際、使い捨てのマスクと手袋を装着しましょう。拭き取ったぺーパータオルやオムツはビニール袋でしっかりと密封して捨ててください。汚れた衣服は塩素系漂白剤で消毒しましょう。

○水分補給
水分を補給しましょう。ただし吐き気が強く、飲んでも吐いてしまうようなときは無理せず、落ち着いてから飲ませましょう。ミネラルも含まれている子ども用イオン飲料を常温であげるのがお勧めです。

○母乳はあげても問題なし
母乳の赤ちゃんは母乳をあげて問題ありませんが、吐いてしまう場合は少しずつあげましょう。

○粉ミルクは薄めにする
粉ミルクの赤ちゃんの場合はミルクを通常より薄めましょう。

○食事に気をつける
下痢の時の食事の目安は、出ている便と同じくらいの固さのものがいいとされています。水のような下痢の時は重湯から初めて徐々に固さのあるお粥にしてあげましょう。腸の乳糖分解能が低下しているので牛乳は控えましょう。

○おしりを清潔にする
おしりを清潔に保ち、かぶれを防ぎましょう。こまめにシャワーで優しく洗いましょう。

○殺菌、消毒をしっかりやる
食中毒の予防は、お肉などの食材にしっかり火を通すことや調理器具を洗浄後、煮沸消毒や塩素系漂白剤で殺菌するのが効果的です。ペットの糞なども原因となりますので、気を付けましょう。

医師からのアドバイス

お子さんの下痢は、お家でのケアが治療の要となることが多く、親御さんにとっては負担も多く大変かと思います。二次感染に気をつけて、無理をなさらなず、お子さんと一緒にゆっくり過ごしましょう。

(監修:医師 あい先生)