「現代人は驚くほど腰痛持ちが多いんですね。特にデスクワークの会社員さんや、運転手の方は座り仕事のため、腰を痛めやすいんです。そして、腰痛がEDを引き起こしてしまうこともあります」
 こう語るのは、元AV女優で、スポーツジムのインストラクター経験もある竹下ななさん。

 確かにセックスは腰を使う作業だ。本コーナーでは以前、腰を柔らかくするストレッチを紹介したが、それもピストン運動で疲れない体を作るためだった。
 「ピストンしてもすぐに疲れてしまうと、高ぶっていた気持ちが途切れて、アッチも萎える。そうした悪循環が起こるんです。だからこそ、男性は日頃からブリッジなどをして、腰を柔らかくしておくことが大切。死ぬまで現役で頑張るためのコツなんです」

 そうは言っても、すでに腰痛持ちの方はブリッジなど厳禁。余計に腰の痛みを悪化させてしまう。
 では、EDを招く腰痛を解消する運動はあるのか。
 「いろいろありますが、私がオススメするのは『斜め懸垂』ですね。文字通り、上半身を斜めにした状態で行う懸垂のことです」

 懸垂といえば、鉄棒などにぶら下がり、腕の力で体を上下させる運動だが、これは少し違う。
 「両足を地面につけたままで鉄棒を握りしめ、上半身を斜めにするのです。そして、自分の胸に鉄棒を引き付けるようにして、上体を起こしていきます」

 イラストを見てもらえれば分かりやすいと思うが、このやり方は通常の懸垂に比べて、かなりラクだ。
 「とはいえ、上体を起こすときにしっかりと背中の筋肉を意識して行えば、立派な筋トレになります。普段に運動をしていない方がいきなり普通の懸垂をしようとしても、1〜2回がやっとでしょう」

 だが、疑問も残る。なぜ、背中の筋肉を鍛えると、腰痛を和らげられるのか。
 「腰痛になる一番の原因は、姿勢の悪さです。しかも腰が痛くなると、ますます痛みをかばおうとして猫背になり、悪化させるばかり。姿勢を正すには背筋を強くする必要があるんです」
 もちろん、姿勢が良くなればモテ度も増すはず。また、どこの部位であれ筋トレをすることで、男性ホルモンの分泌が盛んになるので、アッチも元気になりやすいという。

 ちなみに斜め懸垂は、鉄棒がなくてもオフィスや自宅の机でできるという。やり方はこうだ。
 「まず、机の下にもぐる形で、仰向けになります。そして、両手を肩幅ぐらいに開いて、机の縁をつかみます」

 下半身には力を入れず、上半身の力だけで腕を曲げ、自分の体を持ち上げていこう。
 「これを1セット10回ほど行って、30秒休憩。それから2セット、3セットと続ければ、かなり背中の筋肉に刺激が入りますよ」

 むろん、すぐ効果は表れないが、週に2〜3日のペースで3カ月も続ければ、効果が自覚できるという。
 「腰痛もかなり治るはず。何より斜め懸垂によって、がっちりとした背中が作れます。女性が男性のたくましい背中に、性的魅力を感じるのも事実ですよ」

 さあ、机の下でトレーニングだ!

竹下なな
精力料理研究家。元AV女優であり、現在はヨガインストラクターとして活躍。大の料理好きでもあり、精力アップのための食材を使った簡単料理を日々、研究している。近著に『セックスが危ない!』(三和出版)。