トロントのイタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコ【写真:Getty Images】

写真拡大

 メジャーリーグサッカー(MLS)のトロントが、14日に行われたニューヨーク・レッドブルズ戦に2-1で勝利し、リーグ戦終了後に行われるプレーオフの出場権を獲得した。

 試合開始して51分にトロントのヘラクレス・ゴメスが先制点を決めると、78分に途中出場のイタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコが圧巻のゴールを見せる。左サイドで味方からパスを受けると、巧みなドリブルで3人のDFを手玉に取り、一人でゴールを決めた。

 後半終了間際にNYレッドブルズの元イングランド代表MFショーン・ライト=フィリップスにゴールを決められ1点差に詰め寄られるが、トロントがリードを守りきり勝利した。

 MLSは東西2つに分けたイースタン・カンファレンスとウェスタン・カンファレンスにリーグが分かれており、このうち上位各3チームがプレーオフに出場できる。また、各リーグの4位と5位でワイルドカードプレーオフを行い、勝利した2チームもプレーオフに進出する。

 得点を決めたジョビンコは、現地時間13日にイタリア代表として30分間出場した試合から戻ったばかりだった。「このクラブ、そしてこの街にとって重要な試合だった」と、勝利を喜んでいる。

 トロントはNYレッドブルズ戦の勝利によりプレーオフ出場権を獲得した。2007年にMLSに参入してから、8年目にして初のプレーオフ出場となる。プレーオフを勝ち抜けば、年間王者を決めるMLSカップに参加できる。

text by 編集部