長期離脱を余儀なくされることとなったDF染谷悠太【写真:Getty Images】

写真拡大

 明治安田生命J2リーグのセレッソ大阪は15日、ギラヴァンツ北九州戦で負傷したDF染谷悠太が右橈骨骨幹部骨折により全治3ヶ月と診断されたことを発表した。

 染谷は北九州戦で先発出場を果たし、後半に途中交代している。今季リーグ戦で36試合に出場するなど、不動のCBとしてC大阪の守備を支えていた。今回の負傷により、今季中の復帰は絶望的となった。

 現在C大阪は昇格プレーオフ圏内の4位につけている。リーグ戦も残り6試合だが、J1昇格に向けての正念場となっていた。1年でのJ1復帰を果たしたいC大阪にとって、染谷の離脱は大きな痛手となっている。

text by 編集部