Doctors Me(ドクターズミー)- ムダ毛は女性の敵!?生えているのには理由がある!

写真拡大

夏になると、私たちを悩ませるムダ毛。腕や脚を大胆に露出するファッションをしたくなる季節には、たくさんの処理しなければならないムダ毛を前に、「どうしてこんなところにまで毛が生えるんだろ……」と時には恨めしく思うこともありますよね。

今回はこのムダ毛について、一体どんな役割を持っているのか医師に解説していただきました!

■ すね毛にわき毛……どうして生えてくる?

髪の毛は人間の司令塔である脳を包んでいる頭を守る役割、まつ毛や眉毛は汗や小さなゴミが目に入らないようにする役割、鼻毛は呼吸の際に小さなちりやほこりを絡めとって体内にとりこまないためのフィルターとしての役割など、それぞれはっきりした、わかりやすい役目があります。

ところが、すね毛やわき毛など、いわゆるムダ毛として扱われることの多い毛は何のために生えているのか、考えたことがありますか?

■ 私たちの体を守ってくれていたムダ毛!

実は、こうした「ムダ毛」と呼ばれる毛にも、大切な役割があるのです。

肌をけがや急激な温度変化、あるいは紫外線から保護し、風などによる振動を皮膚に伝えるという感覚器官としての役割も担っています。
更に、身体の中の老廃物や毒素を毛を伝わらせて体外に出す働きもあるといわれます。

加えて、特に毛が密集している部位にはそれぞれさらに意味があり、例えばわき毛は腕と体幹の皮膚の摩擦を防ぎ、腕をスムーズに動かす役割、陰部の毛は種の存続にとって非常に大切な生殖器を保護する役割を担っています。

■ 現代社会では処理するのがエチケットに!

しかし、現代の社会では、原始時代に比べ屋外での活動が圧倒的に減ったことをはじめとして、冷暖房の普及や寒冷から身を守る衣類の普及などにより、いわゆるムダ毛と呼ばれる部分の体毛の役割は必要不可欠なものではなくなっています。

肌の保温や保護を、体毛に頼る必要性がなくなってきたことにより、特に女性においては、わき毛やすね毛、あるいは水着の季節にはデリケートゾーンの毛など見える部分の体毛を処理し、すべすべした皮膚に見せることがエチケットであり、美しいとされるようになってきたものと考えられます。

■ 医師からのアドバイス

憎らしく思えていたムダ毛も、こうして役割を知ってみるとやはり自分の体の一部だな、と急に何かいとおしく思えてきたりしませんか?
あまり頻繁な処理や、強い力のかかる処理は大切なお肌を痛めますから、ほどほどにしておきましょうね。