マイケル・ジョーダン

写真拡大 (全2枚)

15日(木)、スポーツ史に残る伝説のバスケットボールプレイヤー、マイケル・ジョーダンが11年ぶりに来日を果たした。

ナイキの「エア ジョーダン」ブランド誕生30周年を迎えた今年。東京都現代美術館において、ジョーダンの栄光の軌跡を体感できるスペース「MUSEUM 23 TOKYO」がオープン。ジョーダンはそのオープニングイベントに参加した。

イベントでは、「エア ジョーダン」ブランドの生みの親ともいえるナイキ社クリエイティブコンセプト担当副社長ティンカー・ハットフィールド氏と対談したジョーダン。自らの成功体験を「試合に対する愛情、それを糧に頑張ってきた」と表現し、「毎日欠かさず何かに打ち込むこと」が人生の成功においても重要なポイントと語った。

また、彼を支える一つとなった「エア ジョーダン」ブランドについては「今のプレースタイルで(自分がかつて使用した)このシューズを履いても十分通用する」と絶対の自信をのぞかせた他、屋外特設バスケットボールコートでは福岡・大濠高校バスケ部のメンバー達と触れ合った。

なお、「MUSEUM 23 TOKYO」では、ジョーダンが3連覇を決めた1998年のファイナル第6戦で放った伝説のシュートをLED スクリーンで再現した特設コート「LAST SHOT」や、現役時代に着用してプレイしたエア ジョーダン シリーズの初代モデル「エア ジョーダン 1」から、最新の「エア ジョーダン29」までの全モデルを展示した「JORDAN HISTORY」といったコーナーが用意されている。

一般入場は10月16日(金)〜10月18日(日)、いずれも10時〜20時まで。



「MUSEUM 23 TOKYO」オープニングイベントより


■関連リンク
MUSEUM 23 TOKYO - 公式WEBサイト