ハードルは高いが…香妻琴乃が大舞台への切符を狙う(撮影:ALBA)

写真拡大

<富士通レディース 事前情報◇15日◇東急セブンハンドレッドクラブ 西コース(6,635ヤード・パー72)>
 千葉県にある東急セブンハンドレッドクラブを舞台に開催される「富士通レディース」。11月に開催される日米共催の「TOTOジャパンクラシック」への出場権争いはここがラストステージ。今大会終了時点の賞金ランキング上位35名に大舞台への出場権が付与される。
昨年のミズノクラシックで死闘を演じた香妻琴乃
 昨年、前身の「ミズノクラシック」でプレーオフの末に2位タイに入った香妻琴乃も出場を狙う1人。飛躍が期待された今シーズン序盤こそつまずいたが、ここにきて「日本女子オープン」で6位タイ、「スタンレーレディス」で5位タイと調子は上向きだ。
 「良い流れできていると思います。調子がスコアにつながってきているので自信になりますね」と状態の良さをアピール。「昨年の今の時期よかったことも焦らずできている要因でもあります」と昨年の経験も復調を後押ししていると語る。現在賞金ランキングは48位。出場権を得るには最低でも単独2位以上の成績が必要となるが、一発逆転で2年連続出場はなるか。
 初出場に闘志を燃やすのが現在賞金ランク36位の松森彩夏だ。35位の木戸愛とは約100万円差と十分逆転も狙える位置。2戦連続で予選落ちとなっているが「調子はまぁまぁ良いと思います」と上位を狙える状態にはある。「夏を越えて体力的にも大分楽になってきました。今週はTOTOの出場権を目指して頑張りたい」。今季2度の2位フィニッシュで見せた、持ち前の爆発力を活かして切符をつかみたい。
 出場権争いに土壇場で滑り込んだのは同ランク37位の永峰咲希。今季の出場資格であるQTランキング37位では今大会への出場権はなかったが、13日(火)に行われたチューズデートーナメントで9位タイに入り、本戦への出場権を得た。
 「予選会は久しぶりだったので緊張しました。一日勝負を経験して良い刺激になりましたね」と笑顔を見せた永峰。「TOTOへの出場権はやっぱり意識しています。今週頑張るしかないので1打1打に集中して、上を目指します」と覚悟を決めて明日のティオフを迎える。
【賞金ランキング25位〜50位(※は今大会欠場)】
25位 キム・ハヌル 30,980,500円
26位 森田理香子 30,867,000円
27位 前田陽子 30,457,636円
28位 ペ・ヒキョン 26,798,500円
29位 大江香織 26,708,499円
30位 姜秀衍 25,977,733円※
31位 金田久美子 25,714,833円
32位 ジョン・ジェウン 25,069,857円※
33位 茂木宏美 24,674,313円
34位 三塚優子 24,297,523円
35位 木戸愛 23,211,036円
―TOTOジャパンクラシック出場権獲得ライン―
36位 松森彩夏 22,377,800円
37位 永峰咲希 21,386,666円
38位 イ・ナリ 20,863,666円
39位 O・サタヤ 19,323,600円
40位 フェービー・ヤオ 18,735,332円
41位 黄アルム 18,674,500円
42位 一ノ瀬優希 18,590,000円
43位 藤田幸希 18,582,333円
44位 堀琴音 18,551,000円
45位 柏原明日架 17,286,000円※
46位 福田真未 17,246,000円
47位 青木瀬令奈 16,979,169円
48位 香妻琴乃 16,903,833円
49位 葭葉ルミ 16,638,250円
50位 福田裕子 16,526,333円

<ゴルフ情報ALBA.Net>